ニュース

東証続伸、終値は40円高 米経済回復期待、様子見も

2021/4/16 16:47

 16日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は続伸し、前日比40円68銭高の2万9683円37銭で取引を終えた。米国の経済回復を期待した買い注文が優勢となった。日米首脳会談を控え、様子見姿勢も目立った。

 東証株価指数(TOPIX)は1・74ポイント高の1960・87。

 新型コロナワクチン接種が進んでいる米国で3月の小売売上高が前月から大幅に増加し、投資家心理を明るくした。

 一方、国内の新型コロナ感染者の増加を受け、経済活動の停滞が改めて警戒された。まん延防止等重点措置の対象が10都府県に拡大されることになり、飲食やサービス業などの業績悪化が懸念された。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • 大阪で新たに874人感染 (5/9)

     大阪府は9日、874人が新型コロナウイルスに感染し、19人が死亡したと発表した。1日当たりの感染発表数が千人を下回るのは3日ぶり。

  • 米加州、コロナ受け初の人口減 (5/9)

     【ロサンゼルス共同】米西部カリフォルニア州当局は8日までに、今年1月1日時点の州人口(推計)が約3946万7千人で、前年から約18万2千人減少したと発表した。年間での人口減少は統計開始以来初めてで、...

  • ワクチン乱立、世界で14種承認 (5/9)

     世界で新型コロナウイルスワクチンの生産競争が繰り広げられ、乱立が進んでいる。カナダのマギル大によると、計14製品が既にいずれかの国で承認されており、開発中は110を超える。流行収束に向けた「切り札」...

  • 国内の感染者、3日連続6千人超 (5/9)

     国内で9日、新たに報告された新型コロナウイルス感染者が6千人を超えた。6千人超は3日連続。厚生労働省は同日、重症者が前日より13人増えて1144人になったと発表。これまで最多だった7日公表分の113...

  • 時短営業、バーベキュー自粛も (5/9)

     新型コロナウイルスの「まん延防止等重点措置」の適用が9日始まった北海道、岐阜、三重の3道県は、対象区域の飲食店などに営業時間の短縮や酒類提供の終日自粛を要請し、野外のバーベキューも控えるよう求めた。...