ニュース

五輪パラの装飾、芸術と融合 第1弾は山口晃氏の絵画

2021/4/16 17:55
 画家山口晃氏が東京タワーを中心に描いた俯瞰図を使った、競技会場などを彩る装飾デザイン((C)Tokyo2020)

 画家山口晃氏が東京タワーを中心に描いた俯瞰図を使った、競技会場などを彩る装飾デザイン((C)Tokyo2020)

 東京五輪・パラリンピック組織委員会は16日、競技会場などを彩る装飾デザインの新たな展開として、日本の文化・芸術作品との融合を図る第1弾を発表した。画家山口晃氏の絵画を活用し、26日から成田空港で作品を掲示する。

 山口氏は油絵の技法を使って仕上げる画風が特徴。2019年のNHK大河ドラマ「いだてん 東京オリムピック噺」のオープニングで背景画を担当。パラの公式アートポスターも制作した。

 発表作品には東京タワーを中心にした俯瞰図などがあり、来日した選手らが日本をイメージしやすいデザインを選んだ。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

東京五輪の最新記事
一覧

  • レスリング高谷、3大会連続五輪 (5/7)

     レスリングの東京五輪世界最終予選は7日、ソフィアで行われ、男子フリースタイルで前日に五輪出場枠獲得を決めていた86キロ級の高谷惣亮と57キロ級の高橋侑希はともに決勝で相手が棄権して1位となった。日本...

  • 池江選手に五輪代表辞退求める声 (5/7)

     白血病による長期療養を経て東京五輪代表入りを決めた競泳の池江璃花子(20)が7日、会員制交流サイト(SNS)を通じて代表の辞退や五輪への反対を求めるメッセージが寄せられていることをツイッターで明かし...

  • 習氏「北京五輪成功に自信」 (5/7)

     【北京共同】中国国営中央テレビによると、習近平国家主席は7日、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長と電話会談し、来年の北京冬季五輪について「予定通り開催し、成功させる自信に満ちている」と述べ...

  • 聖火、長崎の離島から平和公園へ (5/7)

     東京五輪の聖火リレーは7日午後も長崎県内の各地を回った。島原半島から壱岐島や五島列島を巡り、夜には長崎市の平和公園を通過。被爆者と交流のある俳優の石原さとみさん(34)も登場した。 聖火ランナーは新...

  • ソフト日本代表、上野が復帰登板 (5/7)

     右脇腹を痛めていたソフトボール女子日本代表のエース上野由岐子(ビックカメラ高崎)が7日、群馬県の高崎市ソフトボール場で行われた日本リーグの伊予銀行戦で先発し、4月4日以来の復帰登板を果たした。一回に...