ニュース

佐賀のノリ、売上高目標届かず コロナでおにぎり販売減

2021/4/16 17:52

 佐賀県有明海漁協は16日、今季の養殖ノリの生産量が約17億7千万枚、売上高は約200億円になったと明らかにした。いずれも18年連続で全国1位の見通しだが、売上高は目標の235億円に届かなかった。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、主な利用先のコンビニおにぎりの販売が減ったことが響いた。

 福岡県柳川市で16日、佐賀県産の今季最後の入札会があった。平均単価は11円32銭で昨年より3円ほど安く、2014年以降で最低だった。漁協はノリの需要が落ち込み、単価も下がったとみている。

 他県産の入札は5月まで続くが、2位との開きが大きく、佐賀が首位を守る見通しだ。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • 緊急事態宣言、5月末まで延長 (5/7)

     政府は新型コロナウイルス対策として東京、京都、大阪、兵庫の4都府県に11日までの期限で発令中の緊急事態宣言を31日まで延長し、新たに愛知、福岡両県を追加する方針を固めた。7県に出している「まん延防止...

  • 高島屋が営業範囲を拡大 (5/7)

     新型コロナウイルスの緊急事態宣言を受け一部売り場を除いて臨時休業していた高島屋が、東京都内の4店舗で6日から営業範囲を拡大したことが分かった。これまで営業は食品や一部の生活用品の売り場に限定していた...

  • EU、輸出ワクチンの4割日本へ (5/6)

     【ブリュッセル共同】欧州連合(EU)欧州委員会は新型コロナウイルスワクチンについて、3日までに45カ国・地域向けに約1億7800万回分の輸出を承認した。欧州委が6日の記者会見で発表した。日本向けが約...

  • 政府、インドからの入国対策強化 (5/6)

     政府が新型コロナウイルス変異株の流行するインドからの入国者に対し、指定宿泊施設での待機期間を現在の入国後3日間から6日間に延長し、入国前後の検査も4回実施するなどの水際対策強化を検討していることが6...

  • アストラ製、20日に承認判断へ (5/6)

     政府が英アストラゼネカ製の新型コロナウイルスワクチンに関し、厚生労働省の専門部会で20日にも承認の可否を判断する方向で調整に入ったことが6日分かった。米モデルナ製と同時に判断することになる。 両社と...