ニュース

コロナ禍、支援システム円滑に 文化庁新長官の都倉氏

2021/4/16 18:40
 報道各社のインタビューに応じる都倉俊一文化庁長官=16日、文化庁

 報道各社のインタビューに応じる都倉俊一文化庁長官=16日、文化庁

 今月1日付で文化庁長官に就任した作曲家の都倉俊一氏(72)が16日、報道各社のインタビューに応じ、新型コロナウイルス禍で活動が制約されているアーティストに、国の支援が円滑に届くよう取り組む考えを強調した。「交付金、補助金が届きやすいシステムを構築したい」と語った。

 具体的には、文化庁や経済産業省などに分かれている窓口をまとめる必要があると指摘。数多くある文化芸術の業界団体側にも、連携を深めるよう依頼したという。

 2022年度中を予定する文化庁の京都移転に向けては「京都の人たちが持つ日本の文化への思いを学ばせていただけると楽しみにしている」と述べた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • 緊急事態宣言、5月末まで延長 (5/7)

     政府は新型コロナウイルス対策として東京、京都、大阪、兵庫の4都府県に11日までの期限で発令中の緊急事態宣言を31日まで延長し、新たに愛知、福岡両県を追加する方針を固めた。7県に出している「まん延防止...

  • 高島屋が営業範囲を拡大 (5/7)

     新型コロナウイルスの緊急事態宣言を受け一部売り場を除いて臨時休業していた高島屋が、東京都内の4店舗で6日から営業範囲を拡大したことが分かった。これまで営業は食品や一部の生活用品の売り場に限定していた...

  • EU、輸出ワクチンの4割日本へ (5/6)

     【ブリュッセル共同】欧州連合(EU)欧州委員会は新型コロナウイルスワクチンについて、3日までに45カ国・地域向けに約1億7800万回分の輸出を承認した。欧州委が6日の記者会見で発表した。日本向けが約...

  • 政府、インドからの入国対策強化 (5/6)

     政府が新型コロナウイルス変異株の流行するインドからの入国者に対し、指定宿泊施設での待機期間を現在の入国後3日間から6日間に延長し、入国前後の検査も4回実施するなどの水際対策強化を検討していることが6...

  • アストラ製、20日に承認判断へ (5/6)

     政府が英アストラゼネカ製の新型コロナウイルスワクチンに関し、厚生労働省の専門部会で20日にも承認の可否を判断する方向で調整に入ったことが6日分かった。米モデルナ製と同時に判断することになる。 両社と...