ニュース

有資格者立ち会わず工事 4人死亡の消火設備事故

2021/4/17 5:37
 事故が起きたマンションの立体駐車場の入庫口に掲示されている二酸化炭素消火設備に関する注意書き=16日、東京都新宿区

 事故が起きたマンションの立体駐車場の入庫口に掲示されている二酸化炭素消火設備に関する注意書き=16日、東京都新宿区

 東京都新宿区にあるマンション地下駐車場の消火設備から二酸化炭素(CO2)が放出され、男性作業員4人が死亡した事故で、設備について知識がある消防設備士などの有資格者が現場に立ち会っていなかったことが17日、捜査関係者への取材で分かった。

 総務省消防庁はCO2の消火設備の周辺で工事する際は、有資格者を立ち会わせるよう求める通知を出している。警視庁捜査1課は業務上過失致死の疑いで、安全管理が適切だったか調べている。

 現場責任者によると、数年前にも同じマンションで同様の工事をした。取材に「CO2で事故が起きるとの想定はなく、危険性はないと認識していた」と話した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • ため池で釣りの父子死亡 (5/9)

     9日午後3時40分ごろ、香川県丸亀市綾歌町のため池で、水面に子どもが浮かんでいると近くの住民から110番があった。丸亀署によると、子どもは同県綾川町の十河桜雅君(6)で、父親の崇行さん(33)と釣り...

  • 時短営業、バーベキュー自粛も (5/9)

     新型コロナウイルスの「まん延防止等重点措置」の適用が9日始まった北海道、岐阜、三重の3道県は、対象区域の飲食店などに営業時間の短縮や酒類提供の終日自粛を要請し、野外のバーベキューも控えるよう求めた。...

  • 3万9千頭、殺処分が完了 (5/9)

     栃木県は9日、4月に那須塩原市の二つの養豚場で豚熱(CSF)の感染が確認されたことを受け、関連する養豚場を含めた計約3万9千頭の殺処分を完了したと発表した。豚熱の感染が拡大した2018年以降、一度の...

  • 障害者虐待、認定に地域差 (5/9)

     障害者虐待に関する相談・通報件数のうち、自治体が調査して虐待の事実を認定した割合に、都道府県によって大きな差があることが9日、厚生労働省の分析で分かった。2019年度まで過去5年分の件数を初めて分析...

  • 鎮魂の青こいのぼり、大空を舞う (5/9)

     東日本大震災の津波で大きな被害の出た宮城県東松島市で9日、命を落とした子どもたちの鎮魂と、未来への願いを込めた青いこいのぼり約700匹が大空を舞った。発起人の市職員伊藤健人さん(28)は「皆の希望の...