ニュース

核禁初会議は1月12〜14日 軍縮機運拡大できるか注目

2021/4/17 5:59

 【ウィーン共同】核兵器禁止条約の第1回締約国会議がオーストリアの首都ウィーンで来年1月12〜14日に開催されることが決まった。軍縮外交筋が16日、明らかにした。核兵器の使用や保有を違法とした初の国際条約で、「核なき世界」の実現に向けて軍縮の機運を拡大できるかどうか注目される。

 現時点ではオンラインではなく、関係者が集まる形での開催を目指している。

 米国の核の傘に依存する日本政府は核禁止条約への署名を否定。被爆者団体などから「唯一の戦争被爆国」としてオブザーバー参加すべきだとの声も上がるが、前向きな姿勢は見せていない。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

国際の最新記事
一覧

  • インド首都の外出禁止、1カ月超 (5/16)

     【ニューデリー共同】インドの首都ニューデリーを含むデリー首都圏政府は16日、新型コロナウイルス対策の外出禁止令を1週間延長し24日早朝までとすると明らかにした。4月19日から継続しており、1カ月を超...

  • ガザ空爆の死者170人超 (5/16)

     【エルサレム共同】イスラエル軍は16日、パレスチナ自治区ガザへの空爆を続け、ガザ保健当局によると26人が死亡した。10日の空爆開始以降、ガザの死者数は計174人になった。イスラエルのネタニヤフ首相は...

  • 北角さん「政治犯に過酷な尋問」 (5/16)

     クーデターが起きたミャンマーで逮捕され、26日ぶりに解放されて帰国したフリージャーナリスト北角裕樹さん(45)が16日までに、共同通信のオンラインのインタビューに応じた。収監先だった刑務所には、過酷...

  • 中国、「学問の自由」認めず (5/16)

     【北京共同】中国共産党はこのほど大学の研究や教育の場で党の社会主義思想や歴史観を徹底し、教員や学生の思想監視を強化する規則を通知した。一党支配の下でこれまでも制約を受けていた「学問の自由」は監視強化...

  • イスラエル、攻撃継続を宣言 (5/16)

     【エルサレム共同】イスラエルのネタニヤフ首相は15日夜にテレビ演説し、パレスチナ自治区ガザを実効支配するイスラム組織ハマスとの戦闘は「正しい戦いだ」と述べ、ガザ空爆の継続を宣言した。ハマスは16日未...