ニュース

首相、30年の削減目標近く提示 22日気候サミットまでに

2021/4/17 19:38

 訪米中の菅義偉首相は17日、日本の2030年の温室効果ガス排出削減目標について、今月22、23日にバイデン米大統領が主催する気候変動に関する首脳会合(気候変動サミット)までに「はっきりさせたい」と述べ、近く取りまとめる考えを示した。政府は13年度比45%減を軸に調整してきたが、海外から50%減を求める声も出ており、対応に苦慮している。

 菅首相は同行記者団との懇談で「私自身、50年カーボンニュートラル(排出実質ゼロ)を宣言している限り、責任がある。しっかり対応していきたい」と語った。

 政府関係者によると、日米首脳会談で具体的な数値の言及はなかったという。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

政治の最新記事
一覧

  • 立民・共産、内閣委を途中退席 (5/14)

     立憲民主党と共産党は14日の衆院内閣委員会を途中退席した。国内の新型コロナウイルス感染状況を「さざ波」と表現した内閣官房参与の高橋洋一嘉悦大教授の出席がなければ審議できないと主張した。退席後、立民の...

  • 「分科会の機能発揮」と厚労相 (5/14)

     田村憲久厚生労働相は14日の記者会見で、政府の基本的対処方針分科会の議論を踏まえ、北海道、岡山、広島を緊急事態宣言の対象に加える方針について「分科会の機能を発揮いただいた。内閣として尊重するのは当た...

  • 「個人の見解」と防衛相 (5/14)

     岸信夫防衛相は14日の記者会見で、イスラエルとパレスチナ自治区ガザを実効支配するイスラム組織ハマスとの戦闘に関する中山泰秀防衛副大臣のツイッター投稿に関して「議員個人としての見解だ。防衛省としてのコ...

  • 休館要請「丁寧な説明を」 (5/14)

     萩生田光一文部科学相は14日の記者会見で、緊急事態宣言の対象地域で自治体が政府方針より厳しい独自の措置を取り、文化施設への休館を要請する場合は「その必要性について自治体からの丁寧な説明が必要だ」と注...

  • まん延防止5県追加へ (5/14)

     政府は13日、新型コロナウイルス対応のまん延防止等重点措置の適用対象に群馬、石川、岡山、広島、熊本の5県を追加する方針を固めた。5県への適用期間は16日から6月13日までとする見通し。北海道が求めた...