ニュース

ピンポン外交50年でシンポ 日本、米中間「懸け橋」に

2021/4/17 20:31
 「ピンポン外交」から50年を記念して開かれたシンポジウム=17日午後、名古屋市

 「ピンポン外交」から50年を記念して開かれたシンポジウム=17日午後、名古屋市

 米中関係正常化につながった1971年の「ピンポン外交」から50年を記念し、きっかけとなった世界卓球選手権が行われた名古屋市で17日、歴史的意義を検証するシンポジウムが開かれた。民間外交の重要性を指摘し、米中間の「懸け橋」として日本に現在の米中対立を緩和する役割を求める声が識者らから上がった。

 71年春の大会には中国チームが6年ぶりに出場。米国選手との偶然の交流を契機に中国が米国チームを北京に招待、緊張緩和に向かい国交正常化につながった。中国の参加は日本卓球協会会長だった故後藤☆二(ごとう・こうじ)氏が事前に訪中して打診、実現していた。

(注)☆は金ヘンに甲


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

暮らし・話題の最新記事
一覧

  • 陸前高田市、新庁舎で業務開始 (5/6)

     東日本大震災の津波で庁舎が全壊し、職員111人が犠牲になった岩手県陸前高田市は6日、当時より約700メートル内陸に建設した新庁舎で業務を開始した。戸羽太市長は庁舎前で「長い長い10年だったが、全国の...

  • コロナ緊急宣言下、GW明ける (5/6)

     東京と関西の計4都府県に新型コロナの緊急事態宣言が発令中の6日、ゴールデンウイーク(GW)が明けた。宣言の期限は11日で、新規感染者数は依然高水準で推移しているが、JR東京駅では早朝からマスク姿の会...

  • ストリップの灯絶やさぬ (5/6)

     5月をめどに閉館予定だった九州唯一のストリップ劇場「A級小倉劇場」(北九州市小倉北区)の経営が引き継がれ、存続することが決まった。経営者木村恵子さん(69)を翻意させたのが、ファンの「これからも続け...

  • 連休最後も交通機関は閑散 (5/5)

     新型コロナウイルスの感染拡大「第4波」のゴールデンウイークは5日、最終日となった。東京と関西の計4都府県には緊急事態宣言が発令中。鉄道や空の便、高速道路の各交通機関では、コロナ禍の前のような大きな混...

  • コロナ禍の中、伝統の闘牛大会 (5/4)

     鹿児島県・徳之島の伊仙町で4日、伝統の闘牛大会が開かれた。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、運営者は観客数の制限などの感染対策を徹底。コロナ禍の生活が続く中で無事に開催され、観客は「リフレッシュで...