ニュース

自治体の原発協定2倍超に 福島事故後、重点地域拡大

2021/4/17 21:05
 関西電力美浜原発=2020年8月、福井県美浜町

 関西電力美浜原発=2020年8月、福井県美浜町

 原発を巡り電力会社と「安全協定」や「覚書」などを結ぶ自治体が、東京電力福島第1原発事故前に比べ大幅に増えていることが17日、電力各社や自治体への取材で分かった。廃炉となった福島第1、第2原発を除く原発30キロ圏の自治体で、事故前の13道府県44市町村から18道府県108市町村と2倍超になった。

 福島の事故前、国は防災対策の重点地域を原発の10キロ圏としていたが、放射性物質がより広範囲に拡散し、住民が避難を強いられたことから30キロ圏に拡大。これに伴い、協定などを締結する自治体が増えたとみられ、トラブル発生時の通報義務や賠償責任を明確化する動きが目立った。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • オプジーボ、11・5%値下げ (5/12)

     厚生労働省は12日、がん治療薬「オプジーボ」の薬価を11・5%引き下げると決めた。240ミリグラム入り1瓶の価格は現行の41万3990円から36万6405円となる。類似薬の価格が引き下げられたことに...

  • H3後継機30年に打ち上げ目標 (5/12)

     文部科学省の有識者検討会は12日午後、打ち上げたロケットの一部を使い回す「再使用型」の国産1号機を開発し「2030年ごろの打ち上げを目指す」とうたう中間報告をまとめる。機体の再使用は打ち上げ費用の低...

  • 米、接種拠点へ「無料送迎」 (5/12)

     【ワシントン共同】バイデン米大統領(民主党)は11日、超党派の州知事らとオンライン会合を開き、新型コロナウイルスワクチンの普及促進のために、ウーバー・テクノロジーズとリフトの配車大手2社と協力し、接...

  • 入院先決まらず8人死亡、兵庫 (5/11)

     兵庫県宝塚市の介護老人保健施設で4月、入所者と職員計53人に上る新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生し、入所者の男女8人が入院先が決まらないまま施設内で死亡していたことが11日、県と施...

  • 大阪で974人感染、55人死亡 (5/11)

     大阪府は11日、974人が新型コロナウイルスに感染し、感染者55人が死亡したと発表した。1日に発表された死者の数としては過去最多。感染者3人を重複計上していたとして取り下げた。入院中の重症者は401...