ニュース

濃縮度60%ウラン開始確認 IAEA、イラン試料採取

2021/4/18 6:23

 【ウィーン共同】国際原子力機関(IAEA)のグロッシ事務局長は、イランが中部ナタンズの核施設で濃縮度60%のウランの製造作業を開始したことを17日に確認したと加盟国への報告書で明らかにした。関係筋が明らかにした。IAEAは、独自に濃縮レベルを確認するために試料を採取。分析結果を加盟国に報告する。

 核兵器級の90%に近づく重大な核合意違反。イランの核開発史上、最も高い水準になる。イランは、米国に対イラン制裁解除を急ぐよう圧力を強めている。

 報告書の中では、イランは濃縮度を55・3%だとした。2015年の核合意はイランによる濃縮度の上限を3・67%と定めた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

国際の最新記事
一覧

  • 米メキシコ、移民流入抑止で連携 (5/8)

     【ワシントン共同】ハリス米副大統領は7日、隣国メキシコのロペスオブラドール大統領とオンラインで会談した。中米3カ国からメキシコを経て米国に入る不法移民が急増していることを受け、3カ国の経済問題などに...

  • エルサレム聖地で衝突 (5/8)

     【エルサレム共同】イスラム教とユダヤ教双方の聖地「神殿の丘」(イスラム名ハラム・アッシャリーフ)にあるイスラム教礼拝所「アルアクサ・モスク」周辺などエルサレムの数カ所で7日夜、パレスチナ人とイスラエ...

  • 米、元警官4人を連邦法で起訴 (5/8)

     【ニューヨーク共同】米中西部ミネソタ州ミネアポリスの黒人男性ジョージ・フロイドさん=当時(46)=暴行死事件で、連邦大陪審は法の名の下に意図的に人権を侵害したとして、連邦法に基づきデレク・ショービン...

  • ロ反体制派「良心の囚人」再認定 (5/8)

     【モスクワ共同】国際人権団体アムネスティ・インターナショナルは7日、不当に拘束された人を意味する「良心の囚人」にロシアの反体制派ナワリヌイ氏を再び認定すると発表した。「(収監中のナワリヌイ氏に対する...

  • 米ロ首脳会談の実現に自信 (5/8)

     【ワシントン共同】バイデン米大統領は7日、就任後初めての外遊となる6月の欧州訪問に合わせたロシアのプーチン大統領との首脳会談について「まだ詳細は固まっていないが、実現できる自信はある」と述べ、調整を...