ニュース

ワクチン全員分、9月に調達 首相、米製薬会社と実質合意

2021/4/18 12:41
 米ファイザー社製の新型コロナウイルスワクチン

 米ファイザー社製の新型コロナウイルスワクチン

 菅義偉首相は、米製薬大手ファイザー社のアルバート・ブーラ最高経営責任者(CEO)との電話会談で、日本が新型コロナウイルスワクチンの追加供給を受けることで実質的に合意した。河野太郎行政改革担当相が18日のフジテレビ番組で明らかにした。河野氏は、これにより接種対象となっている16歳以上全員分のワクチンが9月末までに調達できる見通しになったと説明した。

 政府は、16歳以上の対象者を約1億1千万人と想定する。ファイザー社のワクチンについて約5千万人分に当たる1億回分を6月末までに調達できるとしてきたが、全対象者分の調達時期は明示していなかった。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • 中国ワクチンをWHO承認 (5/8)

     【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)は7日、中国医薬集団(シノファーム)の新型コロナウイルスワクチンの緊急使用を承認した。欧米以外で開発されたワクチンをWHOが承認するのは初めて。今後、発展途上...

  • 夏場所、4日目以降観客受け入れ (5/7)

     日本相撲協会の芝田山広報部長(元横綱大乃国)は7日、大相撲夏場所(9日初日・両国国技館)4日目の12日から定員の半分ほどに当たる上限約5千人の観客を入れて実施すると発表した。東京都で大規模イベントの...

  • ワクチン、2億5千万回分供給へ (5/7)

     厚生労働省は7日、米ファイザー、米モデルナ、米バイオテクノロジー企業ノババックスの3社と、新型コロナウイルスワクチン合計2億5千万回分の供給を新たに受ける方向で協議を進めていると明らかにした。詳細な...

  • コロナ最多148人死亡 (5/7)

     国内で7日、新型コロナウイルスの死者が新たに148人報告され、過去最多となった。感染者は6057人が確認された。感染者が6千人を超えたのは2回目の緊急事態宣言が出ていた1月16日以来。9県で最多を更...

  • 要請巡る都方針「理解に苦しむ」 (5/7)

     新型コロナ対応の緊急事態宣言延長を受け、東京都などが7日示した線引きにエンタメ業界関係者は「理解に苦しむ」と首をかしげた。 都は今月12〜31日の間、劇場やイベントへの休業要請は見直し、時短と人数制...