ニュース

小池知事「緊急宣言要請も視野」 「先手対応が不可欠」強調

2021/4/18 22:11

 東京都の小池百合子知事は18日、3月中旬から増加傾向が続いている都内の新型コロナウイルス感染状況について「先手の対応が不可欠だ」と強調し「緊急事態宣言の要請も視野に入れ、スピード感を持って検討するよう職員に指示した」と明らかにした。都庁で報道陣の取材に答えた。

 小池氏は「変異株も多く見られ、(感染者数は)上昇基調にある」と指摘。繁華街などで増えている人の流れを効果的に抑制する方法や、医療提供体制の強化策を実施するため、政府への緊急事態宣言の要請も「スピード感を持って考えないといけない」とした。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • 東京、新たに542人感染 (5/16)

     東京都は16日、新型コロナウイルスの感染者が新たに542人報告されたと発表した。直近7日間を平均した1日当たりの人数は806・4人となり、前週比は101%。累計は15万2239人となった。 都内は大...

  • 高齢者5人に生理食塩水、沖縄 (5/16)

     沖縄県浦添市は16日、65歳以上の高齢者を対象とした新型コロナウイルスワクチンの集団接種で、5人に生理食塩水を注射するミスが15日にあったと発表した。健康被害はないとしている。5人が特定できないため...

  • 3道県で宣言期間始まる (5/16)

     新型コロナウイルスの感染拡大が続く北海道、岡山、広島の3道県で16日、緊急事態宣言期間が始まった。各自治体では酒類を提供する飲食店に休業を要請。大型商業施設の営業時間短縮や土日の休業などを求めている...

  • 京都で139人感染 (5/16)

     京都府と京都市は15日、139人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。府内の感染確認は1万4535人になった。

  • 海外から到着の男女5人感染 (5/16)

     厚生労働省は15日、海外から羽田、関西の各空港に到着した10代未満〜60代の男女5人が新型コロナウイルスに感染していたと発表した。全員が無症状。 5人は11〜15日に到着した。インド、米国、フィリピ...