ニュース

アフガン関与「継続」と米長官 駐留軍撤退後も和平支援

2021/4/19 5:47

 【ワシントン共同】ブリンケン米国務長官は18日放送のABCテレビの番組で、米中枢同時テロから20年となる9月11日までのアフガニスタン駐留米軍の撤退後も、米国はアフガンへの関与を続けると強調した。撤退は現地の治安悪化を招くとの共和党からの批判を意識し、反政府武装勢力タリバンを含め「誰も内戦は望んでいない」として和平やアフガン治安部隊を支援すると語った。

 サリバン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)もFOXニュースの番組で「あらゆる脅威に対処するため、米国はこの地域で能力を維持する」と述べた。撤退後の治安状況については「誰も保証できない」とも付け加えた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

国際の最新記事
一覧

  • 中国、2億3千万人が旅行 (5/6)

     【北京共同】中国の文化観光省は6日までに、労働節(メーデー)に伴う今月1〜5日の大型連休に国内旅行をしたのは前年同期比で約2・2倍の2億3千万人だったと発表した。新型コロナウイルス感染症の流行前の比...

  • 民主派の黄之鋒氏に禁錮10月 (5/6)

     【香港共同】香港で昨年6月4日、中国が民主化運動を武力弾圧した1989年の天安門事件の犠牲者追悼集会に参加したとして、無許可集会参加の罪で有罪判決を受けた著名な民主活動家、黄之鋒氏に対し、香港の裁判...

  • ギグワーカーの権利後退を阻止 (5/6)

     【ワシントン、ニューヨーク共同】米労働省は5日、インターネットを通じて運転や配達など単発の仕事を請け負う「ギグワーカー」について、労働者としての権利を後退させるトランプ前政権の規則を撤回すると発表し...

  • NYタイムズ読者33%増 (5/6)

     【ニューヨーク共同】米新聞大手ニューヨーク・タイムズは5日、2021年3月末のデジタルと紙媒体の有料契約者の合計が781万6千人となり、1年前と比べて33・8%増えたと発表した。電子版などの伸びがけ...

  • 中国のロケット残骸落下の可能性 (5/6)

     【ワシントン共同】サキ米大統領報道官は5日の記者会見で、中国が4月下旬に打ち上げた大型ロケット「長征5号B」の残骸が大気圏に再突入して地表に落下する可能性があるため、米宇宙軍が追跡していると明らかに...