ニュース

小中学生の近視、文科省が初調査 PC授業本格化で影響懸念

2021/4/19 10:41
 文部科学省などの看板=東京都千代田区

 文部科学省などの看板=東京都千代田区

 小中学生の近視の現状を把握するため、文部科学省が初の大規模実態調査を実施することが19日、同省への取材で分かった。対象は9千人。小中学校ではパソコンやタブレットといったデジタル端末を活用した授業が4月から本格化するため、視力への影響を懸念する声がある。近視は将来的に眼病になるリスクが高まるとされ、文科省は分析結果を視力保護の対策に生かす。

 国公私立の小中高校などが対象の2019年度学校保健統計調査では、裸眼視力が1・0未満だった小学生は34・57%、中学生は57・47%に上り、いずれも過去最多。多くが近視とみられているが、学校では詳細な検査が難しかった。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

暮らし・話題の最新記事
一覧

  • 静岡ホビーショー2年ぶり開催 (5/13)

     国内の玩具メーカーや業界団体が、プラモデルなどの新製品を出展する国内最大級の模型見本市「第59回静岡ホビーショー」が13日、静岡市内の展示施設で開幕した。昨年は新型コロナウイルスの影響で中止になって...

  • 愛読され30年、貨物時刻表 (5/13)

     日本全国を走る貨物列車のダイヤを網羅した「貨物時刻表」が毎年2万部に迫る売れ行きで人気を集めている。出版不況が続き、各交通事業者が相次いで紙の時刻表を廃止する中、一般販売されてから30年で発行部数が...

  • 江戸時代から受け継ぐ歌舞伎上演 (5/12)

     福島県檜枝岐村で12日、江戸時代から270年以上村民の間で受け継がれている伝統芸能「檜枝岐歌舞伎」が上演された。年2回行われる村の神社への奉納には通常であれば多くの観光客が訪れるが、新型コロナウイル...

  • 油壺マリンパークが閉館 (5/12)

     京急電鉄は12日、神奈川県三浦市の水族館「京急油壺マリンパーク」を9月末で閉館すると発表した。建物や設備が老朽化し、維持管理が困難になったため。跡地には不動産開発業者と共同で、周辺の自然景観を生かし...

  • サケ稚魚、大海原へ旅立ち (5/12)

     北海道標茶町の西別川上流で、シロザケ稚魚の放流が行われている。12日は体長6センチほどに育った約250万匹が大海原に向け旅立った。透き通った川の中、群れになった稚魚はうろこをきらきらと川面に反射させ...