ニュース

デジタル賃金、安全性担保が要件 厚労省、制度骨子案を提示

2021/4/19 12:07
 スマートフォン用の決済アプリのアイコン

 スマートフォン用の決済アプリのアイコン

 厚生労働省は19日、電子情報でやりとりするお金「デジタルマネー」を使った賃金の支払いを巡り、安全性を担保することを要件とした上で、支払いを可能とする制度の骨子案を労働政策審議会分科会に示した。労働者の合意を前提とする。政府の規制改革推進会議は2021年度中に制度の内容を固めることを目指している。

 ただ、分科会ではこれまで安全性への不安の声が相次いでおり、19日の分科会でも厚労省のチェックで十分に安全性が担保されるか懸念する意見が出た。支払いはスマートフォンの決済アプリなどによる方法が想定され、確実に労働者に賃金が支払われる仕組みづくりが求められる。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

政治の最新記事
一覧

  • 五輪日本選手団へ無償ワクチン (5/7)

     菅義偉首相は7日の記者会見で、東京五輪・パラリンピックで各国・地域の選手団に無償提供される米ファイザー社製の新型コロナウイルスワクチンに関し「日本の選手団にも接種する方向になるだろう」と述べた。一般...

  • 外相会合、国際秩序維持で一致 (5/7)

     茂木敏充外相は7日午前(日本時間同日午後)、ポーランドの首都ワルシャワで、東欧4カ国の外相との会合を開いた。東欧への影響力を拡大する中国をにらみ、法の支配に基づく自由で開かれた国際秩序の維持が重要だ...

  • 小池都知事「感染抑止を最優先」 (5/7)

     東京都の小池百合子知事は7日夜、新型コロナウイルス対応の緊急事態宣言が延長される今月12から31日の間も、千平方mを超える百貨店や大型商業施設などへの休業要請を独自に継続する方針を表明した。「徹底し...

  • 緊急事態、6都府県に拡大 (5/7)

     菅義偉首相は7日、新型コロナウイルス感染症対策本部会合を官邸で開き、東京、京都、大阪、兵庫の4都府県に発令中の緊急事態宣言について、11日までの期限を5月31日まで延長すると決めた。愛知、福岡両県を...

  • 首相、続く負担「深くおわび」 (5/7)

     「引き続き、ご負担をお掛けする皆さまに深くおわび申し上げます」。緊急事態宣言を月末まで延長し、対象を6都府県に拡大すると決め、7日に記者会見した菅義偉首相。感染防止対策への国民の協力に感謝しつつ、さ...