ニュース

建設石綿訴訟、5月に上告審判決 最高裁、初の統一判断へ

2021/4/19 16:30
 建設現場でのアスベスト被害を巡る訴訟の上告審弁論のため、最高裁に向かう原告ら=19日午後

 建設現場でのアスベスト被害を巡る訴訟の上告審弁論のため、最高裁に向かう原告ら=19日午後

 建設現場でアスベスト(石綿)を吸い肺がんや中皮腫などの健康被害を受けた元労働者と遺族が国と建材メーカーに損害賠償を求めた4件の訴訟の上告審で、最高裁第1小法廷(深山卓也裁判長)が判決期日をいずれも5月17日に指定したことが19日、分かった。横浜、東京、京都、大阪の各地裁に起こされた訴訟で、原告は計約500人。

 全国各地で千人以上が提訴した「建設アスベスト訴訟」で最高裁判決は初めて。高裁段階の判断が分かれており、統一的な判断基準を示す可能性がある。

 19日には4件で最後となる大阪訴訟の上告審弁論が開かれ、結審した。他の3訴訟は既に結審し、期日が未定だった。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • 岡山もまん延防止要請へ (5/11)

     岡山県は、新型コロナウイルスの感染拡大を受け「まん延防止等重点措置」の適用を政府に近く要請する方針を固めたことが11日、分かった。対象は岡山市と倉敷市とし、期間は今月中旬から31日までを想定。両市の...

  • 沖縄で初の熱中症警戒アラート (5/11)

     気象庁と環境省は11日、沖縄・八重山諸島で12日に熱中症の危険が特に高まるとして「熱中症警戒アラート」を発表した。4月28日に全国で運用を開始してから初めて。外出はなるべく避け、室内では空調を使うな...

  • コロナ下の女性困窮や盗撮を議論 (5/11)

     花を手に、性暴力撲滅を訴える「フラワーデモ」が11日、各地で開かれた。東京では新型コロナウイルスによる緊急事態宣言を受け、オンラインで開催。新型コロナの影響で女性が生活苦などの困難を強いられている状...

  • 日本「子どもを育てにくい」6割 (5/11)

     内閣府の国際意識調査で、日本人回答者の6割が「子どもを産み育てにくい国」と感じていることが11日明らかになった。フランスやドイツ、スウェーデンに比べ育てにくいとする割合が突出して高い。子育てを支える...

  • 入管法「国際法上問題」と声明 (5/11)

     外国人の入管施設での収容長期化の解消を目的とし、今国会で審議中の入管難民法改正案について、国際法や憲法の研究者らが11日、国際法上問題があるとして「廃案の可能性も含め、抜本的な再検討が必要だ」とする...