ニュース

山梨知事、二階発言に賛同 五輪開催巡り「常識的だ」

2021/4/19 16:28

 山梨県の長崎幸太郎知事は19日、新型コロナウイルスの感染状況次第では東京五輪・パラリンピックの中止も選択肢になるとした自民党の二階俊博幹事長の発言に関し「極めて常識的だ」と賛同を示した。臨時記者会見で「五輪の方が命より大切というのはあり得ない。感染状況が深刻なら、やっている場合ではない」と述べた。

 二階氏は2017年の衆院選で落選した長崎氏を「幹事長政策補佐」で起用、知事選でも支援した。一方で、長崎氏は山梨県も自転車競技ロードレースの開催地となっている点に触れ「1都3県を含めまん延等防止措置で頑張っている。五輪ができるようになることを願う」とした。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

東京五輪の最新記事
一覧

  • 6月中旬にレスリング代表決定 (5/17)

     日本レスリング協会は17日の臨時理事会で、男子フリースタイル57キロ級の東京五輪代表を争うプレーオフを6月中旬に実施する方針を決めた。世界最終予選(ブルガリア)で五輪出場枠を獲得した高橋侑希(山梨学...

  • 自転車BMXパークで五輪テスト (5/17)

     東京五輪で新種目の自転車BMXフリースタイル・パークのテスト大会は17日、日本勢が出場し、有明アーバンスポーツパークで行われた。無観客の中、雨のために決勝が中止となり、本番と同じルールで決勝前に実施...

  • なでしこメンバー選考、悩む監督 (5/17)

     サッカー女子日本代表「なでしこジャパン」は17日、福島県のJヴィレッジでの候補選手による強化合宿を打ち上げた。東京五輪の18人のメンバー選考について、高倉麻子監督は「レギュラーを半分変えてもチーム力...

  • 制限違反で強制退去、法的に可能 (5/17)

     加藤勝信官房長官は17日の記者会見で、東京五輪・パラリンピックで来日する報道関係者らが新型コロナウイルス対策のための行動制限に違反した場合、強制的に国外退去を命じることが法的に可能との認識を示した。...

  • 官房長官「安心五輪」説明に努力 (5/17)

     加藤勝信官房長官は17日の記者会見で、東京五輪開催を「中止するべきだ」との意見が共同通信社の世論調査で59・7%に上ったことを踏まえ、安全性に関する説明に努める考えを示した。「安全、安心な形で開くこ...