ニュース

JRAコロナ給付金問題で陳謝 定例会見で後藤理事長

2021/4/19 17:05

 日本中央競馬会(JRA)は19日、東京都内で定例記者会見を開き、後藤正幸理事長は「(厩舎関係者による新型コロナウイルス対策の持続化給付金不適切受給が)信頼を損ねる問題になったことに対し、心よりおわび申し上げます」などと陳謝した。これまで文書では同様のコメントを発表していたが、公の場で言及したのは初めて。

 JRAは10日、騎手13人を含む計170人に戒告や厳重注意などの処分を行ったと発表。処分が甘過ぎるという批判に関し、後藤理事長は「承知している。現行の規定では処分できない逸脱した行為についての対処法を研究する必要がある。今後の課題」と述べた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • 延長決定から一夜、広がる困惑 (5/8)

     「終わりが見えない」「延長で感染者が減るのか」。緊急事態宣言の延長決定から一夜明けた8日、羽田空港や名古屋駅では、再び続く我慢の日々に困惑と疑問の声が上がった。 普段なら旅行客らでにぎわう土曜の朝。...

  • ファイザー、正式承認の申請開始 (5/8)

     【ワシントン共同】米製薬大手ファイザーは7日、新型コロナウイルスワクチンの16歳以上への使用を正式に承認するよう、米食品医薬品局(FDA)に対し申請の手続きを開始したと発表した。FDAは昨年12月、...

  • 米、WHOに台湾の招待要求 (5/8)

     【ワシントン共同】ブリンケン米国務長官は7日、声明を発表し、世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長に対し、台湾を24日から始まるWHO総会にオブザーバーとして招待するよう要求した。新型コロナウイル...

  • ワクチン特許放棄より輸出を (5/8)

     【ブリュッセル共同】欧州連合(EU)は7日、ポルトガルのポルトで非公式首脳会議を開き、新型コロナウイルスに絡む社会問題などを協議した。フォンデアライエン欧州委員長は米国がワクチン特許の一時放棄を支持...

  • WHO、中国製ワクチンを承認 (5/8)

     【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)は7日、中国医薬集団(シノファーム)の新型コロナウイルスワクチンの緊急使用を承認した。欧米以外で開発されたワクチンをWHOが承認するのは初めて。今後、発展途上...