ニュース

ペットボトルへ再利用50%に 業界目標、30年まで

2021/4/19 18:25

 全国清涼飲料連合会は19日、2030年までに、使用済みペットボトルを再びペットボトルへとリサイクルする割合を、販売したボトルの50%へ引き上げる目標を発表した。清涼飲料業界全体で二酸化炭素(CO2)排出量の削減など環境負荷の低減を推進するのが狙い。同連合会によると、19年の比率は12・5%。

 このリサイクルは「ボトルtoボトル」と呼ばれる。ペットボトルの原料はリサイクルに適しており、元通りの品質のボトルに何度でも再生することができるという。

 東京都内で開いた記者説明会で米女太一会長は、循環型経済を推進する上で「非常に有効な手段だ」と説明した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • セブン&アイ買収に「違法」主張 (5/15)

     セブン&アイ・ホールディングスは15日、米コンビニ運営会社スピードウェイの買収手続きが完了したと発表した。買収価格は210億ドル(約2兆3千億円)。審査していた米連邦取引委員会(FTC)のスローター...

  • ナスダック 14日終値     (5/15)

    <ナスダック>          13429.98       前日比 +304.99  

  • NY円、109円前半 (5/15)

     【ニューヨーク共同】14日のニューヨーク外国為替市場の円相場は午後5時現在、前日比12銭円高ドル安の1ドル=109円30〜40銭をつけた。ユーロは1ユーロ=1・2141〜51ドル、132円77〜87...

  • NY株続伸、360ドル高 (5/15)

     【ニューヨーク共同】14日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続伸し、前日比360・68ドル高の3万4382・13ドルで取引を終えた。長期金利の上昇が一服したことから投資家心理が改善し、I...

  • NY株式  14日終値     (5/15)

    <ダウ工業30種平均>      34382.13       前日比 +360.68