ニュース

コロナウイルス5分で検出 世界最速、理研が開発

2021/4/19 19:07

 新型コロナウイルスの感染を世界最速の5分ほどで正確に調べられる新しい検査方法を開発したと、理化学研究所や東京大などのチームが19日、英科学誌に発表した。現在確定診断に使われているPCRと同程度のコストで、短時間に大量の検体を解析することが可能という。

 理研の渡辺力也主任研究員(生物物理学)は「民間企業と連携し、2年ほどで実用化したい」と話している。

 PCR検査は遺伝子の精製や増幅に1時間以上かかるが、新手法はこうした処理が不要でコストもPCRと同程度の10ドル以下で済むという。チームは、他のウイルス感染症や、がんなどの診断にも応用が期待できるとしている。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • 国内感染6000人超、高止まり (5/12)

     国内で12日、新たに報告された新型コロナウイルスの感染者が6千人を超えた。6千人を超えたのは2日連続で今月7日以降、おおむね6千〜7千人台で高止まりしている。厚生労働省によると、重症者は前日から13...

  • 東京ドームなど観客入れ開催 (5/12)

     プロ野球は12日、政府の緊急事態宣言が延長期間に入り入場制限が一部緩和されたことを受け、これまで無観客試合を実施してきた東京ドームで日本ハム―オリックス、神宮球場でヤクルト―広島が観客を入れて開催さ...

  • 大阪府で50人死亡、過去2番目 (5/12)

     大阪府は12日、851人が新型コロナウイルスに感染し、感染者50人が死亡したと発表した。1日に発表された死者の数としては、7日と並んで過去2番目。 吉村洋文知事は12日の記者会見で、改正感染症法に基...

  • 上場企業の7割、初任給据え置き (5/12)

     東証1部上場企業のうち74・3%の企業が、2021年度に入社した新卒の初任給の額を学歴に関わらず据え置くことが12日、労務行政研究所の調査で分かった。前年度より15・8ポイント上昇しており、新型コロ...

  • 日医の常勤役員14人全員が出席 (5/12)

     日本医師会(日医)の中川俊男会長は12日の記者会見で、先月東京都内で開かれた自民党の自見英子参院議員の政治資金パーティーに、日医の常勤役員計14人が全員参加していたと明らかにした。パーティーは中川氏...