ニュース

18、19歳厳罰化、衆院を通過 逆送対象を拡大、少年法改正案

2021/4/20 13:21

 事件を起こした18、19歳の厳罰化を図る少年法改正案が20日、衆院本会議で可決。成人年齢が来年4月に20歳から18歳に引き下げられるのに合わせた措置。参院に送られ、23日に審議入りする見通し。

 改正案では、少年法の適用年齢自体は引き下げず、全事件を家裁に送り、生い立ちなどを調査する仕組みは維持する。一方で18、19歳を「特定少年」と位置付け、家裁から原則検察官に送致(逆送)し、20歳以上と同様の刑事手続きを取る事件を拡大。現行の殺人や傷害致死などに、強盗や強制性交など「法定刑の下限が1年以上の懲役・禁錮に当たる罪」を追加。起訴後は実名報道も解禁する。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

政治の最新記事
一覧

  • 菅首相、答えに窮し助け舟求める (5/14)

     「今が感染を食い止める大事な時期」。14日、首相官邸であった菅義偉首相の記者会見。これまで同様、緊急事態宣言の意義を繰り返し訴えた。当初の方針を転換して対象地域を拡大した理由など答えに窮する場面では...

  • 入管法改正案、修正協議は決裂 (5/14)

     外国人の収容と送還のルールを見直す入管難民法改正案を巡る与野党協議は14日、野党の要求項目に関して折り合いが付かず、決裂した。立憲民主党幹部は、義家弘介衆院法務委員長の解任決議案を衆院に提出する方針...

  • 五輪と感染対策、両立を強調 (5/14)

     東京都の小池百合子知事は14日の定例記者会見で、東京五輪・パラリンピックの開催と新型コロナウイルス対策を両立させる方針を強調し、「両方を都庁全体を挙げて進めていくのは都の役割だ」と述べた。元日弁連会...

  • 民間委託で逆にコスト高 (5/14)

     会計検査院が「民間資金活用による社会資本整備(PFI)」方式の国の事業を調べた結果、コスト削減になるかどうかの算定でPFIと国発注の「従来方式」を比較する条件が一致しなかったり、金利情勢が反映されて...

  • LGBT法案で与野党が合意 (5/14)

     LGBTなど性的少数者の課題解決を目指す超党派の議員連盟は14日、国会内で会合を開いた。自民党特命委員会が策定した性的少数者への理解増進を図る法案要綱を巡り、目的と基本理念の部分に「差別は許されない...