ニュース

北朝鮮、中国から輸入一部再開 食糧難背景に肥料や農薬

2021/4/20 18:07

 【北京共同】新型コロナウイルス対策で昨年1月末から国境を封鎖している北朝鮮が今年3月、中国からの輸入を一部再開したことが中国当局が20日までに発表した統計で確認された。輸入品は主に化学肥料や農薬。食糧事情のさらなる悪化を避ける目的とみられる。

 中国税関総署によると、3月の北朝鮮への輸出額は1297万8千ドル(約14億円)で、ほぼ完全に中断した前月の3千ドルから急増した。韓国の情報当局の推定によると、北朝鮮の昨年の穀物生産量は約440万トンで、必要量と比べ約100万トン不足する。肥料を使わなければ今年の収穫はさらに落ち込む可能性が指摘されている。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

国際の最新記事
一覧

  • インド首都の外出禁止、1カ月超 (5/16)

     【ニューデリー共同】インドの首都ニューデリーを含むデリー首都圏政府は16日、新型コロナウイルス対策の外出禁止令を1週間延長し24日早朝までとすると明らかにした。4月19日から継続しており、1カ月を超...

  • ガザ空爆の死者170人超 (5/16)

     【エルサレム共同】イスラエル軍は16日、パレスチナ自治区ガザへの空爆を続け、ガザ保健当局によると26人が死亡した。10日の空爆開始以降、ガザの死者数は計174人になった。イスラエルのネタニヤフ首相は...

  • 北角さん「政治犯に過酷な尋問」 (5/16)

     クーデターが起きたミャンマーで逮捕され、26日ぶりに解放されて帰国したフリージャーナリスト北角裕樹さん(45)が16日までに、共同通信のオンラインのインタビューに応じた。収監先だった刑務所には、過酷...

  • 中国、「学問の自由」認めず (5/16)

     【北京共同】中国共産党はこのほど大学の研究や教育の場で党の社会主義思想や歴史観を徹底し、教員や学生の思想監視を強化する規則を通知した。一党支配の下でこれまでも制約を受けていた「学問の自由」は監視強化...

  • イスラエル、攻撃継続を宣言 (5/16)

     【エルサレム共同】イスラエルのネタニヤフ首相は15日夜にテレビ演説し、パレスチナ自治区ガザを実効支配するイスラム組織ハマスとの戦闘は「正しい戦いだ」と述べ、ガザ空爆の継続を宣言した。ハマスは16日未...