ニュース

日本のサンマ漁獲枠41%減 21年、不漁で国際合意対応

2021/4/20 18:06

 水産庁は20日、不漁が深刻化しているサンマの2021年漁期(1〜12月)の漁獲枠を、前期比約41%減の15万5335トンとする方針を公表した。2月に開かれた北太平洋漁業委員会(NPFC)の年次会合で、参加国・地域全体の総漁獲枠を40%削減することで合意したことに対応し、日本も資源管理を強化する。

 20日開いた漁業者らとの意見交換会で示した。全国さんま棒受網漁業協同組合(東京)によると、日本の20年の水揚げ量は2万9566トンと漁獲枠との差は依然大きく、需給や価格に直接大きな影響はなさそうだ。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 為替相場   7日(日本時間 1時) (5/7)

     1時現在           1ドル=             109円17銭〜          109円18銭    前日比  +0円16銭   1ユーロ=            131円53銭...

  • 高島屋が営業範囲を拡大 (5/7)

     新型コロナウイルスの緊急事態宣言を受け一部売り場を除いて臨時休業していた高島屋が、東京都内の4店舗で6日から営業範囲を拡大したことが分かった。これまで営業は食品や一部の生活用品の売り場に限定していた...

  • 米中貿易協議、近く再開か (5/6)

     【北京共同】香港英字紙サウスチャイナ・モーニング・ポスト(電子版)は6日、米中の「第1段階」貿易合意に関する閣僚級協議が近く開かれる見通しだと伝えた。開催されればバイデン米政権発足後初となる。 同紙...

  • NY株、もみ合い (5/6)

     【ニューヨーク共同】6日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均はもみ合う展開となり、午前10時現在、前日比5・70ドル高の3万4236・04ドルをつけた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は4...

  • 英21年GDP予想を上方修正 (5/6)

     【ロンドン共同】英中央銀行イングランド銀行(BOE)は6日、2021年の実質国内総生産(GDP)が前年比7・25%増加するとの予測を示した。新型コロナウイルスのワクチン接種が進んで景気回復への期待が...