ニュース

世界のCO2排出、今年5%増 IEA、各国に対応促す

2021/4/20 18:11

 【ロンドン共同】国際エネルギー機関(IEA)は20日に公表した報告書で、発電などエネルギーに関連した2021年の二酸化炭素(CO2)排出量が、20年と比べて5%程度増えるとの見通しを示した。リーマン・ショックの影響で排出量が一時的に落ち込んだ後の10年に次ぐ規模の急増が見込まれるとし、各国政府に早急なCO2削減対策を促す内容となった。

 各国のデータや経済成長予測などを基にIEAが試算した。その結果、新型コロナウイルスの流行で20年は経済活動が停滞したが、21年は各国政府の景気刺激策もあって反動増が生じるとした。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 国内の感染者、3日連続6千人超 (5/9)

     国内で9日、新たに報告された新型コロナウイルス感染者が6千人を超えた。6千人超は3日連続。厚生労働省は同日、重症者が前日より13人増えて1144人になったと発表。これまで最多だった7日公表分の113...

  • 大阪で新たに874人感染 (5/9)

     大阪府は9日、874人が新型コロナウイルスに感染し、19人が死亡したと発表した。1日当たりの感染発表数が千人を下回るのは3日ぶり。

  • ワクチン乱立、世界で14種承認 (5/9)

     世界で新型コロナウイルスワクチンの生産競争が繰り広げられ、乱立が進んでいる。カナダのマギル大によると、計14製品が既にいずれかの国で承認されており、開発中は110を超える。流行収束に向けた「切り札」...

  • 福岡で最多529人感染 (5/9)

     福岡県は9日、1日当たりの感染発表数としては最多の529人の新型コロナウイルス感染と、感染者3人の死亡を確認したと発表した。県内の感染者は計2万6812人、死者は計372人となった。 9日の感染発表...

  • 海外から到着の4人感染 (5/9)

     厚生労働省は9日、成田、羽田、関西の各空港に到着した20〜50代の男女4人が新型コロナウイルスに感染していたと発表した。いずれも無症状だった。 厚労省によると、4人は6〜8日に到着した。インドやバン...