ニュース

日米、楽天を共同監視 中国への情報流出を警戒

2021/4/20 21:02
 楽天本社=東京都世田谷区

 楽天本社=東京都世田谷区

 日米両政府が、経済安全保障の観点から楽天グループを共同で監視する方針を固めたことが20日分かった。中国IT大手の騰訊控股(テンセント)子会社が3月に大株主となったことで、日米の顧客情報がテンセントを通じて中国当局に筒抜けになる事態を警戒。日本政府が外為法に基づいて楽天から定期的に聞き取り調査を行い、米当局と内容を共有することで、中国への情報流出リスクに連携して対処する。

 楽天はテンセントの出資を「純投資」と説明。テンセントを含む株主が個人情報にアクセスする可能性も否定している。


この記事の写真

  •  日米の楽天監視体制

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 為替相場  10日(日本時間 6時) (5/10)

     6時現在           1ドル=             108円58銭〜          108円66銭    前日比  +0円56銭   1ユーロ=            132円03銭...

  • ワクチン予約で発信制限 (5/10)

     NTT東日本など通信各社は9日、新型コロナウイルスワクチンの接種予約で電話の通信量の急増が見込まれるとして、予約を受け付ける自治体への電話発信を10日朝から制限すると発表した。警察や消防への緊急通報...

  • 為替相場   8日(日本時間 7時) (5/10)

     7時現在           1ドル=             108円58銭〜          108円62銭    前日比  +0円56銭   1ユーロ=            132円08銭...

  • 米パイプライン一時停止 (5/9)

     【ニューヨーク共同】米最大級とされる石油製品パイプラインの操業が一時停止したことが8日、分かった。運営会社の米コロニアルパイプラインが発表した。ITシステムの一部がサイバー攻撃を受けたためと説明して...

  • 休業・時短、対応に地域差 (5/8)

     新型コロナウイルス流行に伴う4都府県の緊急事態宣言の延長と2県の追加を受け、百貨店やイベントを手掛ける事業者は8日、対応の検討を急いだ。大型商業施設に対する要請内容は、休業や週末のみの休業、時短営業...