ニュース

アフガン撤退後も対テロ攻撃可能 米軍司令官、議会公聴会で証言

2021/4/21 10:30

 【ワシントン共同】アフガニスタンを管轄する米中央軍のマッケンジー司令官は20日、アフガン駐留米軍の9月の完全撤退後も周辺地域から監視を続け、米本土へのテロを企てる勢力を攻撃するのは可能だと強調した。今月末までに詳細な計画を策定し、オースティン国防長官に提出するという。米下院軍事委員会の公聴会で証言した。

 マッケンジー氏は、アフガンで対米攻撃を企てる勢力が「再び台頭してくる恐れはある」と指摘。米軍撤退で情報収集能力は低下するとした上で、テロ勢力への攻撃は「極めて困難になるが、不可能ではない」と述べた。具体的な方法として遠隔地からのミサイル攻撃などを挙げた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

国際の最新記事
一覧

  • 米共和党の状況は「危険」 (5/17)

     【ワシントン共同】米共和党下院ナンバー3のポストから解任されたチェイニー議員は16日放送のABCテレビのインタビューで、トランプ前大統領の批判を続けた自身を解任した党の状況を「非常に危険だ」と強調し...

  • イスラエル、長期作戦準備 (5/17)

     【エルサレム共同】イスラエル軍によるパレスチナ自治区ガザへの空爆を巡り、同国軍トップのコハビ参謀総長は16日、今後1週間の作戦計画を承認、さらにその後2週間の計画も準備するよう軍幹部に指示した。同国...

  • 安保理、ガザ衝突に懸念相次ぐ (5/17)

     【ニューヨーク共同】国連安全保障理事会は16日、イスラエルによるパレスチナ自治区ガザ空爆などイスラエルとパレスチナの衝突を巡り、公開の緊急会合を開いた。理事国からは戦闘激化に懸念を示し、双方に自制を...

  • パレスチナ人の死者2百人超 (5/16)

     【エルサレム共同】イスラエル軍は16日、パレスチナ自治区ガザやヨルダン川西岸でイスラム組織ハマスなどと衝突を続け、パレスチナ人の死者は計203人に上った。ガザ保健当局によると16日にイスラエルのガザ...

  • インド首都の外出禁止、1カ月超 (5/16)

     【ニューデリー共同】インドの首都ニューデリーを含むデリー首都圏政府は16日、新型コロナウイルス対策の外出禁止令を1週間延長し24日早朝までとすると明らかにした。4月19日から継続しており、1カ月を超...