ニュース

「アビガン」臨床試験を再開 富士フイルム、国内で

2021/4/21 12:54

 富士フイルムは21日、新型コロナウイルス感染症の治療薬候補「アビガン」について、国内で新たな臨床試験を開始したと発表した。政府は昨年12月、有効性の判断が難しいとアビガン承認を見送っており、改めてデータを収集して有効性や安全性を検証する。

 臨床試験は、発熱などの症状が出たのが72時間以内で、基礎疾患などから重症化リスクが高い50歳以上の患者約300人を対象とする。投与する薬剤が実薬かプラセボ(偽薬)かを医師にも患者にも知らせない「二重盲検プラセボ対照試験」という方法で、10月末の終了を予定している。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 62歳町長がワクチン接種 (5/12)

     兵庫県神河町の山名宗悟町長(62)が、65歳以上の高齢者でも医療従事者でもないにもかかわらず、新型コロナウイルスのワクチン接種を受けていたことが12日、分かった。山名町長は「廃棄予定だった分を有効活...

  • 京都、神戸で20代男女死亡 (5/12)

     京都市は12日、基礎疾患のない20代男性が新型コロナウイルスに感染後に死亡したと発表した。陽性判明から4日後に容体が急変した。神戸市は感染していた20代女性が亡くなったと発表した。女性には基礎疾患が...

  • 小林化工、新たに14製品回収 (5/12)

     福井県あわら市の製薬会社「小林化工」が製造した爪水虫などの医薬品に睡眠導入剤の成分が混入した問題で、同社は12日、新たに潰瘍性大腸炎の治療薬など14製品を自主回収すると発表した。混入問題を受けて改め...

  • 国内で7056人感染、流行猛威 (5/12)

     国内で12日、新たに7056人の新型コロナウイルス感染者が報告された。7千人台は今月8日以来。直近1週間はおおむね6千〜7千人台で高止まりしている。厚生労働省によると、重症者は前日から13人増えて1...

  • 全国で90%以上が変異株に (5/12)

     国立感染症研究所は12日、ほぼ全国的に90%以上が感染力が強い「N501Y変異」を持つ新型コロナウイルスに置き換わったとする分析結果を厚生労働省で開かれた専門家組織の会合で報告した。変異株で重症とな...