ニュース

「アビガン」臨床試験を再開 富士フイルム、国内で

2021/4/21 12:54

 富士フイルムは21日、新型コロナウイルス感染症の治療薬候補「アビガン」について、国内で新たな臨床試験を開始したと発表した。政府は昨年12月、有効性の判断が難しいとアビガン承認を見送っており、改めてデータを収集して有効性や安全性を検証する。

 臨床試験は、発熱などの症状が出たのが72時間以内で、基礎疾患などから重症化リスクが高い50歳以上の患者約300人を対象とする。投与する薬剤が実薬かプラセボ(偽薬)かを医師にも患者にも知らせない「二重盲検プラセボ対照試験」という方法で、10月末の終了を予定している。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • KNTに数百億円の資本支援 (5/11)

     近畿日本ツーリストを傘下に持つ旅行大手のKNT―CTホールディングスが、親会社の近鉄グループホールディングスなどから数百億円の資本支援を受ける方向で調整していることが11日、分かった。新型コロナウイ...

  • 日本ハム井口投手がコロナ陽性 (5/11)

     プロ野球日本ハムは11日、井口和朋投手(27)が新型コロナウイルス感染を調べるPCR検査を10日に受け、陽性と判定されたと発表した。これで、チーム内で陽性が確認されたのは計14人となった。 日本ハム...

  • 高橋内閣参与「さざ波」を釈明 (5/11)

     内閣官房参与の高橋洋一嘉悦大教授は11日、国内の新型コロナウイルス感染状況を「さざ波」としたツイッター投稿に批判が集まったことに関し「世界の中で日本の状況を客観的に分析するのがモットーなので、それに...

  • ワクチン接種予約、副市長が便宜 (5/11)

     新型コロナウイルスのワクチン接種で、愛知県西尾市の近藤芳英副市長が担当部局に指示し、市民で薬局大手スギ薬局を経営する「スギホールディングス」(同県大府市)の杉浦広一会長(70)と妻(67)の予約を優...

  • 「政治に殺される」見開きで批判 (5/11)

     出版社の宝島社(東京都)は11日、戦時中に戦う訓練をする子どもたちの写真を背景に「ワクチンもない。クスリもない。タケヤリで戦えというのか。このままじゃ、政治に殺される。」と政府の新型コロナウイルス対...