ニュース

ガソリン価格150円40銭 前週から横ばい

2021/4/21 15:02
 ガソリンスタンド

 ガソリンスタンド

 経済産業省が21日発表した19日時点のレギュラーガソリン1リットル当たりの全国平均小売価格は、12日時点の前回調査から横ばいの150円40銭だった。横ばいは2週ぶり。

 調査した石油情報センターによると、原油価格の下落に伴い、石油元売り各社が給油所への卸値を引き下げたが、これまでの値上がり分が小売価格に転嫁された。来週は小幅な値上がりを予想した。

 ハイオクは10銭高い161円20銭、軽油は横ばいの130円50銭。灯油は18リットル(一般的なタンク1個分)当たり2円高い1653円だった。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 為替相場  13日(日本時間 3時) (5/13)

     3時現在           1ドル=             109円58銭〜          109円59銭    前日比  −0円79銭   1ユーロ=            132円31銭...

  • 為替相場  13日(日本時間 2時) (5/13)

     2時現在           1ドル=             109円62銭〜          109円63銭    前日比  −0円83銭   1ユーロ=            132円27銭...

  • 疑似量子計算機で株取引 (5/13)

     東芝は13日、プログラムを駆使して株式を自動売買する高速取引に「疑似量子計算機」を活用する実験を東京株式市場で夏ごろ始めると発表した。次世代の超高速計算機とされる「量子コンピューター」をヒントに開発...

  • NY株、一時200ドル超安 (5/12)

     【ニューヨーク共同】12日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続落して始まり、前日からの下げ幅が一時200ドルを超えた。4月の米消費者物価指数が前月と比べて大幅に上昇したため、景気回復の加...

  • 消費者物価12年ぶり上昇率 (5/12)

     【ワシントン共同】米労働省が12日発表した4月の消費者物価指数は前年同月より4・2%上がり、上昇率は2008年9月(4・9%)以来、12年7カ月ぶりの大きさとなった。前月比(季節調整済み)も0・8%...