ニュース

原発の審査基準、改正決定 規制委、未知の震源評価を追加

2021/4/21 15:11

 原子力規制委員会は21日の定例会合で、原子力施設の地震対策に関する新規制基準の改正を正式決定した。断層などの痕跡が地表に現れない「未知の震源」による地震について、新たな評価手法を盛り込んだ。

 新手法で評価した結果、耐震設計の目安となる揺れ(基準地震動)に影響があると確認されれば、再稼働済みの原発でも審査を受け直す必要がある。敷地周辺に目立った活断層がない九州電力川内原発などは、再審査の可能性があるという。

 未知の震源による地震はこれまで、04年北海道留萌地方の地震を基に審査していたが、精度を高めるため、00〜17年観測の89件を基に計算モデルを作成した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 62歳町長がワクチン接種 (5/12)

     兵庫県神河町の山名宗悟町長(62)が、65歳以上の高齢者でも医療従事者でもないにもかかわらず、新型コロナウイルスのワクチン接種を受けていたことが12日、分かった。山名町長は「廃棄予定だった分を有効活...

  • 京都、神戸で20代男女死亡 (5/12)

     京都市は12日、基礎疾患のない20代男性が新型コロナウイルスに感染後に死亡したと発表した。陽性判明から4日後に容体が急変した。神戸市は感染していた20代女性が亡くなったと発表した。女性には基礎疾患が...

  • 小林化工、新たに14製品回収 (5/12)

     福井県あわら市の製薬会社「小林化工」が製造した爪水虫などの医薬品に睡眠導入剤の成分が混入した問題で、同社は12日、新たに潰瘍性大腸炎の治療薬など14製品を自主回収すると発表した。混入問題を受けて改め...

  • 国内で7056人感染、流行猛威 (5/12)

     国内で12日、新たに7056人の新型コロナウイルス感染者が報告された。7千人台は今月8日以来。直近1週間はおおむね6千〜7千人台で高止まりしている。厚生労働省によると、重症者は前日から13人増えて1...

  • 全国で90%以上が変異株に (5/12)

     国立感染症研究所は12日、ほぼ全国的に90%以上が感染力が強い「N501Y変異」を持つ新型コロナウイルスに置き換わったとする分析結果を厚生労働省で開かれた専門家組織の会合で報告した。変異株で重症とな...