ニュース

コロナ治療薬、3例目を了承 リウマチ用のバリシチニブ

2021/4/21 20:31

 厚生労働省の専門部会は21日の会合で、関節リウマチなどの薬として使われる「バリシチニブ」を、新型コロナウイルス感染症の治療薬とすることを了承した。国内で3例目の新型コロナ治療薬。酸素投与が必要な中等症から重症の患者に、抗ウイルス薬「レムデシビル」と併用して投与する。昨年12月、日本イーライリリーが申請していた。

 バリシチニブは関節リウマチやアトピー性皮膚炎の治療で使われ、免疫異常による炎症を抑える。米国では、肺炎を起こして酸素投与が必要な患者に、レムデシビルと併用することが既に認められている。

 日本ではこれまで、レムデシビル、デキサメタゾンが承認された。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 大規模接種センター、予約が殺到 (5/17)

     自衛隊が運営する新型コロナウイルスワクチン大規模接種センターの予約受け付けは、初日の17日から希望者が殺到した。大阪会場分は午後1時の開始から約25分間で用意した約2万5千件全てが埋まった。取れなか...

  • 国内で新たに3680人感染 (5/17)

     国内で17日、新たに3680人の新型コロナウイルス感染者が報告された。東京419人、大阪382人、北海道372人、愛知362人など。死者は兵庫33人、大阪23人、北海道10人など全国で122人だった...

  • 架空情報でも接種予約可能 (5/17)

     自衛隊が運営する新型コロナウイルスワクチンの大規模接種センターの予約で、実在しない市区町村コードや接種券番号を使っても可能になっていることが17日、政府関係者への取材で分かった。 会場では、地元自治...

  • 大阪、第4波の施設内死亡25人 (5/17)

     大阪府は17日、高齢者や障害者向けの施設で新型コロナウイルス感染第4波の3月1日から5月12日までに102件のクラスター(感染者集団)が発生し、高齢者施設で25人が入院治療を受けることなく施設内で死...

  • 宇宙酵母、深海から初生還 (5/17)

     16年前に宇宙を旅した酵母を過酷な深海でも過ごさせて「宇宙深海酒」を造るプロジェクトとして、深海に沈められていた酵母がこのほど引き揚げられ、生存が確認されたと高知県工業技術センター(高知市)などが1...