ニュース

治療用覚醒剤の許可検討 与野党、五輪へ法整備

2021/4/22 0:10

 与野党の有志議員は夏の東京五輪・パラリンピックを巡り、海外選手が治療用の覚醒剤を日本に持ち込めるようにする法整備の検討に入った。覚醒剤取締法は国内への持ち込みを禁じているため、22日に開く会合を皮切りに理解を広め、今国会で議員立法での成立を目指す。関係者が21日、明らかにした。

 関係者によると、注意欠陥多動性障害(ADHD)治療のため、医薬品として覚醒剤が使用されており、2016年リオデジャネイロ大会では持ち込みが許可された。

 東京大会では、この医薬品を必要とする選手が10人以上いる。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

政治の最新記事
一覧

  • 経済分野の協力発展で一致 (5/7)

     茂木敏充外相は6日午後(日本時間同日夜)、ポーランドを訪れ、首都ワルシャワでドゥダ大統領と会談した。両氏はエネルギー分野を含む経済関係や、気候変動対策など幅広い分野で協力を発展させる方針で一致した。...

  • 緊急事態宣言、5月末まで延長 (5/7)

     政府は新型コロナウイルス対策として東京、京都、大阪、兵庫の4都府県に11日までの期限で発令中の緊急事態宣言を31日まで延長し、新たに愛知、福岡両県を追加する方針を固めた。7県に出している「まん延防止...

  • 政府、インドからの入国対策強化 (5/6)

     政府が新型コロナウイルス変異株の流行するインドからの入国者に対し、指定宿泊施設での待機期間を現在の入国後3日間から6日間に延長し、入国前後の検査も4回実施するなどの水際対策強化を検討していることが6...

  • 「立民、日本に必要ない」 (5/6)

     日本維新の会の馬場伸幸幹事長は6日の記者会見で、憲法改正手続きに関する国民投票法改正案の対応を巡り、立憲民主党について「日本には必要ない政党だ」と痛烈に批判した。共産党と同様に衆院憲法審査会での改正...

  • 愛知、まん延防止の延長要請 (5/6)

     愛知県の大村秀章知事は6日の記者会見で、新型コロナウイルスのまん延防止等重点措置の期限延長を政府に要請したと発表した。当初は11日までだった。対象区域は現行の名古屋市のほか、12日から周辺25市町村...