ニュース

NASA、火星で酸素生成 「人類移住へ期待できる成果」

2021/4/22 11:00
 火星の探査車パーシビアランスに搭載された酸素をつくり出す実験装置(NASA提供)

 火星の探査車パーシビアランスに搭載された酸素をつくり出す実験装置(NASA提供)

 米航空宇宙局(NASA)は22日、火星の探査車パーシビアランスに搭載した装置で火星の大気の大半を占める二酸化炭素(CO2)から酸素をつくり出すことに成功したと発表した。地球以外の天体で酸素をつくったのは初めてという。「人類が火星に移住する目標に向けて期待できる成果だ。大量に貯蔵できれば地球に帰還するためのロケット打ち上げにも役立つ可能性がある」としている。

 NASAによると、実験は火星の表面で20日に行われた。今回、装置の中で800度の高熱を加え、二酸化炭素分子を酸素と一酸化炭素に分解した。宇宙飛行士1人が10分間で呼吸する量に相当する酸素が得られた。


この記事の写真

  •  火星の探査車パーシビアランスの想像図(NASA提供・共同)

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • EU、輸出ワクチンの4割日本へ (5/6)

     【ブリュッセル共同】欧州連合(EU)欧州委員会は新型コロナウイルスワクチンについて、3日までに45カ国・地域向けに約1億7800万回分の輸出を承認した。欧州委が6日の記者会見で発表した。日本向けが約...

  • アストラ製、20日に承認判断へ (5/6)

     政府が英アストラゼネカ製の新型コロナウイルスワクチンに関し、厚生労働省の専門部会で20日にも承認の可否を判断する方向で調整に入ったことが6日分かった。米モデルナ製と同時に判断することになる。 両社と...

  • 政府、民間看護師200人確保へ (5/6)

     政府は、24日開設予定の新型コロナウイルスワクチンの大規模接種センターを巡り、民間看護師を1日当たり200人確保し、接種業務を担わせる方針を固めた。東京会場に約110人、大阪会場に約90人を振り分け...

  • 国内感染4375人、死亡65人 (5/6)

     国内で6日、新たに4375人の新型コロナウイルス感染者が報告された。大阪747人、東京591人、北海道320人、愛知290人、兵庫281人など。岡山114人が過去最多に並んだ。死者は大阪28人、北海...

  • コロナ感染者、増加傾向続く (5/6)

     厚生労働省に新型コロナウイルス感染症対策を助言する専門家組織は6日、首都圏の1都3県や大阪で昼間と夜間の人出は減っているものの、全国の感染者数は「依然として増加傾向が続いている」との分析結果をまとめ...