ニュース

イモトアヤコさん聖火リレー辞退 鳥取、マラソン森下広一さんも

2021/4/22 12:42

 鳥取県の平井伸治知事は22日の記者会見で、5月21〜22日に予定している県内の東京五輪聖火リレーで、伯耆町出身でタレントのイモトアヤコさんと、八頭町出身でバルセロナ五輪のマラソン銀メダリストの森下広一さんがランナーを辞退したと明らかにした。

 全国的に新型コロナウイルスの感染が拡大していることや、著名人が公道を走ると観客が密集する事例があったことから、県は2人の事務所に対し、辞退してもらうよう大会組織委員会を通じて要請していた。2人とも、県外から観客が訪れることで感染を拡大させる可能性を心配していたといい、森下さんはスケジュールの都合も合わなかった。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

東京五輪の最新記事
一覧

  • 東京五輪聖火リレーで偽サイト (5/14)

     山口県内で行われている東京五輪聖火リレーのライブ配信をうたう動画サイトがインターネット上に掲載されていることが分かり、山口県警は14日、注意を呼び掛けた。動画を再生しようとすると個人情報の入力を求め...

  • セーリング、瀬川が五輪代表に (5/14)

     日本セーリング連盟は14日、男子フィン級の東京五輪代表に瀬川和正(米子産業体育館)が決まったと発表した。 同級は新型コロナウイルス感染拡大の影響で大会の延期や中止が続き、セーリングの中で唯一代表が決...

  • 五輪中止要望、署名35万人 (5/14)

     東京五輪・パラリンピックの中止を求めてオンラインでの署名活動に取り組む元日弁連会長の宇都宮健児氏が14日、大会を開催しないよう求める要望書を東京都庁で提出し、記者会見した。署名は今月5日からインター...

  • 聖火、バレー女子元日本代表走る (5/14)

     東京五輪の聖火リレーは14日、山口県での2日目を迎え、宇部市を出発した。バレーボール女子の元日本代表で宇部市出身の宝来麻紀子さん(42)が同市の最終ランナーを務め、常盤湖畔の「ときわ公園」を巡った。...

  • 加藤氏「参加資格剥奪も」 (5/14)

     加藤勝信官房長官は14日の衆院内閣委員会で、東京五輪・パラリンピックの参加選手に対する行動管理に関し「ルールに反した場合、大会参加資格を剥奪するなど厳しい措置を講じることで、アスリートや日本国民の皆...