ニュース

講談社に慰謝料支払い命令 「フライデー」記事巡り地裁立川

2021/4/22 18:07

 巨人でトレーナーをしていた男性が、女性にわいせつ行為をしたとの虚偽の記事を写真週刊誌「フライデー」に掲載され精神的苦痛を受けたなどとして、発行元の講談社に慰謝料300万円の支払いを求めた訴訟の判決で、東京地裁立川支部(今岡健裁判長)は22日、150万円の支払いを命じた。謝罪広告掲載の訴えは棄却した。

 訴状などによると、講談社は18年、男性が美容サロンで女性にマッサージをした際に胸をもむなどしたとする記事をフライデーに載せた。

 男性側は、施術中に意図せず触れてしまったものでわいせつ行為ではなく、講談社側が女性側の一方的な主張を記事にしたなどと訴えていた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • 校則見直し通知発出、3割弱 (5/16)

     頭髪や下着の色を規制するなど、プライバシーや人権に関わる不合理な校則が問題化する中、全国の都道府県と主要市区の計99教育委員会のうち、2017年度以降、各学校に校則見直しを求める通知を出したのは3割...

  • 16日の人出、5割超で減少 (5/16)

     NTTドコモがまとめた16日午後3時時点の人出は、全国の主要駅や繁華街計95地点のうち、約5割超の51地点で前週9日と比べて減少した。16日から緊急事態宣言の対象となった北海道、岡山、広島の3道県で...

  • 子どもに「体罰」、親の3割超 (5/16)

     18歳以下の子どもがいる親ら養育者のうち、しつけ名目で半年以内に体罰を与えたと答えた人が3割超いることが16日、厚生労働省による初めての実態調査で分かった。体罰を禁止した改正児童福祉法などが昨年4月...

  • 林道に中2遺体、23歳男再逮捕 (5/16)

     兵庫県丹波市の林道で県内の中学2年の少女(13)の遺体が見つかった事件で、少女にわいせつな行為をしようと考え、会員制交流サイト(SNS)で「2人で自殺しよう」という趣旨の文言で誘い、車で連れ去ったと...

  • 「難民の送還ではなく保護を」 (5/16)

     入管難民法改正に反対する市民らが16日、東京や大阪などで廃案を求め抗議集会やデモをした。参加者は名古屋出入国在留管理局の施設に収容中に死亡したスリランカ人女性ウィシュマ・サンダマリさんの写真を掲げ、...