ニュース

VAR今季10節まで26度介入 サッカー協会審判委員会

2021/4/22 18:40
 VARのオペレーション室で映像を見る審判員=2019年(Jリーグ提供)

 VARのオペレーション室で映像を見る審判員=2019年(Jリーグ提供)

 日本サッカー協会の審判委員会は22日、今季J1で導入されているビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)について、18日に終えた第10節までの検証結果をオンラインで説明し、100試合で26度介入した。判定が変わったのは21度。

 扇谷健司委員によると、欧州などでの先行事例では3試合に1度が目安という。J1はここまで4試合に1度で「必ずしも多くのシーンで介入しているわけではない」との見方を示した。

 1シーンにつき平均159秒かかり、その間試合が止まった。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

スポーツの最新記事
一覧

  • ブルーインズなどPO進出 (5/10)

     【ニューヨーク共同】北米プロアイスホッケーNHLは9日に第17週が終了し、新たに東地区でブルーインズ、中地区でプレデターズ、西地区でブルース、北地区はオイラーズ、ジェッツがプレーオフ(PO)進出を決...

  • 浦和がDF酒井宏樹を獲得へ (5/10)

     J1浦和がフランス1部リーグ、マルセイユの日本代表DF酒井宏樹(31)に正式に獲得オファーを出し、大筋合意に至っていることが10日、関係者への取材で分かった。原則24歳以下で戦う東京五輪でのオーバー...

  • マイナー、山口は5失点負け投手 (5/10)

     米大リーグ、ジャイアンツ傘下のマイナー、3Aサクラメントの山口は9日、ラスベガス戦の四回から2番手で今季初登板し、5回を1本塁打を含む4安打5失点(自責点3)で負け投手となった。(共同)

  • マイナーの加藤は2打数1安打 (5/10)

     米大リーグ、パドレス傘下のマイナー、3Aエルパソの加藤は9日、タコマ戦に「9番・指名打者」で出場し、2打数1安打、2四球1三振だった。(共同)

  • 11日の予告先発 (5/10)

     ◇セ・リーグDeNA・大貫―巨人・戸郷(横浜)阪神・西勇―中日・小笠原(甲子園) ◇パ・リーグ日本ハム・金子―オリックス・宮城(東京ドーム)楽天・岸―西武・ダーモディ(楽天生命パーク宮城)ソフトバン...