ニュース

温室ガス排出30年目標46%減 菅首相、現行26%減から上積み

2021/4/22 22:44
 地球温暖化対策推進本部の会合で、2030年度の温室効果ガス排出量を13年度比46%削減する方針を表明した菅首相。右は小泉環境相=22日午後、首相官邸

 地球温暖化対策推進本部の会合で、2030年度の温室効果ガス排出量を13年度比46%削減する方針を表明した菅首相。右は小泉環境相=22日午後、首相官邸

 菅義偉首相は22日、政府の地球温暖化対策推進本部の会合で、日本の2030年の温室効果ガス排出削減目標について、30年度に13年度比で46%削減を目指すと表明した。現行の26%減から大幅上積みとなる。「さらに50%(減)の高みに向けて挑戦を続ける」と述べ、目標上積みに含みを持たせた。30年目標は、菅首相が表明した50年温室効果ガス排出実質ゼロに向けた重要な通過点となる。

 首相は22日、バイデン米大統領主催の気候変動に関する首脳会合(気候変動サミット)で新たな目標を正式に表明した。国際公約した格好だが、どうやって目標を達成するのか、実効性が鍵になりそうだ。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 奄美、世界遺産へ希少種保護 (5/11)

     「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」の世界自然遺産への登録勧告を受け、鹿児島・奄美大島の5市町村の首長が11日、奄美市役所で合同記者会見を開いた。朝山毅奄美市長らは「新型コロナウイルスの脅威...

  • 残ったワクチン集め接種、福岡 (5/11)

     福岡県田川市で、廃棄予定の容器に残った新型コロナウイルスワクチンを集めて市内の65歳以上の男女6人に接種したことが11日、市への取材で分かった。厚生労働省は都道府県などに対し、残ったワクチンは異物混...

  • 米版はやぶさ、小惑星を出発 (5/11)

     【ワシントン共同】米国版はやぶさとも呼ばれる米航空宇宙局(NASA)の小惑星探査機オシリス・レックスが10日、小惑星ベンヌで採取した岩石を持ち帰るため地球に向けて出発した。昨年10月に岩石採取に成功...

  • 米、12〜15歳にもワクチン (5/11)

     【ワシントン共同】米食品医薬品局(FDA)は10日、これまで16歳以上としてきた米製薬大手ファイザー製の新型コロナウイルスワクチンの接種を12〜15歳にも許可すると発表した。12日の米疾病対策センタ...

  • 緒方洪庵の薬瓶、素粒子で透視 (5/11)

     江戸時代末期に大阪で活躍した医師、緒方洪庵が残した薬瓶の中身を、物質を通り抜ける素粒子「ミュー粒子」を当てることでふたを開けることなく特定できたと、大阪大の高橋京子招へい教授(生薬学)らのチームが1...