ニュース

こども庁、就学前政策を軸に検討 政府、骨太方針に創設を明記

2021/4/22 22:02

 菅義偉首相が創設に意欲を示す「こども庁」について、政府が就学前の子どもの政策を所管する組織を軸に検討することが22日、関係者への取材で分かった。夏に策定する経済財政運営指針「骨太方針」に創設を明記する。文部科学省が所管する小学校、中学校の義務教育移管を含めた大規模な組織再編も一時検討したが、時間がかかるため早期創設を優先し、議論を先送りする。

 政府は、幼稚園や保育所といった就学前の子どもの政策や、虐待や貧困など福祉に関わる政策を所管する組織を中心に検討していく。次期衆院選の目玉公約として掲げる方針の自民党と調整を進める。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

政治の最新記事
一覧

  • 国民投票法が衆院通過 (5/11)

     憲法改正手続きに関する国民投票法改正案は11日の衆院本会議で、与党などの賛成多数により可決され衆院を通過した。政党のスポットCMやインターネット広告、運動資金の規制を巡り、施行後3年をめどに「検討を...

  • 首相、アジア安全保障会議出席へ (5/11)

     菅義偉首相が、6月4、5日にシンガポールで開催されるアジア安全保障会議に出席する方向で調整していることが分かった。基調講演を行う予定だ。複数の政府関係者が11日、明らかにした。東・南シナ海情勢を踏ま...

  • 高橋内閣参与「さざ波」を釈明 (5/11)

     内閣官房参与の高橋洋一嘉悦大教授は11日、国内の新型コロナウイルス感染状況を「さざ波」としたツイッター投稿に批判が集まったことに関し「世界の中で日本の状況を客観的に分析するのがモットーなので、それに...

  • 二階氏、菅首相続投を支持 (5/11)

     自民党の二階俊博幹事長は11日の記者会見で、次期党総裁選を巡り、菅義偉首相の続投を支持する意向を重ねて表明した。「政治の安定が一番大事だ。首相への国民の期待、支持が順調な高まりを見せていると判断して...

  • 地方議員のなり手確保へ規制緩和 (5/11)

     地方議員のなり手確保策を盛り込んだ地方自治法改正案を、自民党など与党が議員立法として今国会に提出する方向で最終調整していることが10日、関係者への取材で分かった。自治体と取引のある個人事業主が議員に...