ニュース

五輪でチャイコフスキー ロシア国歌に代え、IOC許可

2021/4/23 0:44

 【モスクワ共同】タス通信によると、国際オリンピック委員会(IOC)は22日、今夏の東京五輪と2022年北京冬季五輪に参加するロシア選手に対し、国歌の代わりにロシアの作曲家チャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番の一節を使用することを許可した。ロシア・オリンピック委員会が明らかにした。

 ロシアは組織的なドーピング問題を批判され、主要国際大会に代表チームを派遣する資格を失い、東京五輪には違反歴がなく潔白を証明した選手のみが個人資格で出場する。国旗や国歌の使用も禁じられた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

東京五輪の最新記事
一覧

  • IOC会見で「ノー五輪」 (5/13)

     【ジュネーブ共同】国際オリンピック委員会(IOC)が12日の理事会後に開いたオンライン記者会見で、質問の機会を与えられた男性が「NO OLYMPICS in TOKYO」と書かれた布のようなものを掲...

  • 五輪開催へ全面的な支持 (5/13)

     【ジュネーブ共同】国際オリンピック委員会(IOC)は12日、理事会を開き、新型コロナウイルス禍での開催に異論が高まっている東京五輪について、全面的に開催を支持する方針を確認した。東京からオンライン形...

  • 九州の聖火リレー、最終日迎える (5/12)

     東京五輪の聖火リレーは12日、福岡県での2日目を迎えた。新型コロナウイルスの緊急事態宣言発令に伴い県全域で公道での実施が中止され、北九州市の関門海峡ミュージアムイベント広場で点火セレモニーを開催、9...

  • 31自治体が受け入れ断念 (5/12)

     東京五輪・パラリンピックを契機に海外選手らと交流するホストタウン事業に関し、12日までに少なくとも31自治体が事前合宿や交流事業での選手の受け入れを断念したことが、政府関係者の話で分かった。新型コロ...

  • NTT社長、五輪「開催すべき」 (5/12)

     東京五輪のスポンサー企業の一つであるNTTの澤田純社長は12日の決算発表記者会見で、新型コロナウイルスの感染急拡大で危ぶまれる五輪開催の是非を問われ「開くべきだと考えている」と強調した。 澤田氏は、...