ニュース

東京消防庁、事故で緊急安全指導 消火設備、対策徹底を

2021/4/23 12:36
 二酸化炭素の消火設備付近で緊急安全指導する東京消防庁の職員(左側)=23日午前、東京都港区

 二酸化炭素の消火設備付近で緊急安全指導する東京消防庁の職員(左側)=23日午前、東京都港区

 東京都新宿区のマンション地下駐車場で消火設備から二酸化炭素(CO2)が放出され、男性作業員4人が死亡した事故を受け、東京消防庁は23日、CO2の消火設備がある都内の建物で緊急安全指導を実施し、対策の徹底を呼び掛けた。

 東京消防庁によると、管内には同様の消火設備が設置された建物は約3500棟あり、6月末までに全ての建物の関係者に指導する。

 指導は港区の事務所ビルで、CO2の消火設備の管理者を同席させて実施。設備付近で工事などをする際は、設備に熟知した消防設備士や消防設備点検資格者を立ち会わせ、消火剤が放出されない措置を講じるよう注意喚起した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • 福岡市など公道リレー中止 (5/6)

     福岡県は6日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、県内で11〜12日に予定している東京五輪の聖火リレーを、福岡市、太宰府市など7市町の公道では実施しないと発表した。今後、大会組織委員会と調整する。 ...

  • やまゆり園でのパラ採火を撤回 (5/6)

     相模原市が、2016年7月に入所者ら45人が殺傷された知的障害者施設「津久井やまゆり園」(同市緑区)で実施する予定だった東京パラリンピックの聖火採取を撤回することが6日、市関係者への取材で分かった。...

  • 赤木ファイル、6月提出へ (5/6)

     森友学園への国有地売却に関する決裁文書の改ざんを強いられ、財務省近畿財務局の元職員赤木俊夫さん=当時(54)=が2018年に自殺に追い込まれたとして、妻雅子さん(50)が国側に損害賠償を求めた訴訟で...

  • 鉄道や空、GW利用者は大幅増 (5/6)

     JR旅客6社と航空、高速道路各社は6日、ゴールデンウイーク期間の利用実績を発表した。JRは前年比5倍以上、空の便も国内線で10倍以上と、新型コロナウイルス感染拡大に伴う1回目の緊急事態宣言中だった昨...

  • JR東日本、7日の減便中止 (5/6)

     JR東日本は6日、新型コロナウイルスの緊急事態宣言に伴い国や東京都からの要請を受けて実施していた朝夕の減便を7日は中止すると発表した。通常の平日ダイヤに戻す。「減便した6日朝の乗客がゴールデンウイー...