ニュース

肺炎の102歳、接種後に死亡 「体調悪い時は延期を」厚労省

2021/4/23 19:31

 厚生労働省は23日、新型コロナウイルスワクチンの副反応疑い例を評価する専門部会を開き、接種前に誤嚥性肺炎を発症して全身状態が良くなかった可能性のある102歳の女性が、接種後に死亡した事例があったことを明らかにした。複数の委員から、体調が悪い場合は、接種の延期も考慮するよう周知すべきだとの意見が挙がった。

 報告によると、女性は2日に発熱した後、誤嚥性肺炎と診断された。12日にワクチンを接種し、4日後、死亡が確認された。接種後に死亡した人は計10人となり、いずれもワクチンとの因果関係は評価できず「偶発事象の可能性がある」とした。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • 石田ニコルさん、新型コロナ感染 (5/11)

     モデルで俳優の石田ニコルさん(30)が新型コロナウイルスに感染したと、所属事務所が11日、公式サイトで発表した。 事務所によると、仕事先からの要請で7日にPCR検査を受けたところ、11日に陽性と判断...

  • 岡山もまん延防止要請へ (5/11)

     岡山県は、新型コロナウイルスの感染拡大を受け「まん延防止等重点措置」の適用を政府に近く要請する方針を固めたことが11日、分かった。対象は岡山市と倉敷市とし、期間は今月中旬から31日までを想定。両市の...

  • 近鉄、福山通運株を売却 (5/11)

     近鉄グループホールディングス(HD)は11日、傘下企業とともに保有する運送大手、福山通運の全株式を同社に売却すると発表した。売却により338億円の資金を確保し、新型コロナウイルスの感染拡大で悪化して...

  • 入院先決まらず8人死亡、兵庫 (5/11)

     兵庫県宝塚市の介護老人保健施設で4月、入所者と職員計53人に上る新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生し、入所者の男女8人が入院先が決まらないまま施設内で死亡していたことが11日、県と施...

  • 大阪で974人感染、55人死亡 (5/11)

     大阪府は11日、974人が新型コロナウイルスに感染し、感染者55人が死亡したと発表した。1日に発表された死者の数としては過去最多。感染者3人を重複計上していたとして取り下げた。入院中の重症者は401...