ニュース

聖火、大分で「昭和の町」巡る 名勝地の耶馬渓も

2021/4/23 20:22
 大分県中津市を走る聖火ランナー。奥は耶馬渓=23日午後(代表撮影)

 大分県中津市を走る聖火ランナー。奥は耶馬渓=23日午後(代表撮影)

 九州・沖縄での初日を迎えた東京五輪の聖火リレーは、23日午後も大分県で続き、昭和30年代の面影を残す豊後高田市の「昭和の町」や、名勝地の中津市・耶馬渓などを巡った。夜に日田市でゴールした。

 昭和の町では、昔懐かしい駄菓子屋などの建物が連なる町並みを走り抜け、地元住民は沿道から日の丸の小さい旗を振って応援。ランナーは笑顔で手を振り応えた。去年右膝にけがをし、半年間のリハビリを乗り越え走った中学3年護城唯香さん(14)は「よく通る道で、大勢の人が応援してくれてうれしかった」と興奮気味に話した。

 奇岩が連なり、秋の紅葉で知られる耶馬渓なども経由した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

東京五輪の最新記事
一覧

  • IOC会見で「ノー五輪」 (5/13)

     【ジュネーブ共同】国際オリンピック委員会(IOC)が12日の理事会後に開いたオンライン記者会見で、質問の機会を与えられた男性が「NO OLYMPICS in TOKYO」と書かれた布のようなものを掲...

  • 五輪開催へ全面的な支持 (5/13)

     【ジュネーブ共同】国際オリンピック委員会(IOC)は12日、理事会を開き、新型コロナウイルス禍での開催に異論が高まっている東京五輪について、全面的に開催を支持する方針を確認した。東京からオンライン形...

  • 九州の聖火リレー、最終日迎える (5/12)

     東京五輪の聖火リレーは12日、福岡県での2日目を迎えた。新型コロナウイルスの緊急事態宣言発令に伴い県全域で公道での実施が中止され、北九州市の関門海峡ミュージアムイベント広場で点火セレモニーを開催、9...

  • 31自治体が受け入れ断念 (5/12)

     東京五輪・パラリンピックを契機に海外選手らと交流するホストタウン事業に関し、12日までに少なくとも31自治体が事前合宿や交流事業での選手の受け入れを断念したことが、政府関係者の話で分かった。新型コロ...

  • NTT社長、五輪「開催すべき」 (5/12)

     東京五輪のスポンサー企業の一つであるNTTの澤田純社長は12日の決算発表記者会見で、新型コロナウイルスの感染急拡大で危ぶまれる五輪開催の是非を問われ「開くべきだと考えている」と強調した。 澤田氏は、...