ニュース

福島県が風評対策の専門部署 処理水巡り国と連携強化

2021/4/23 20:57

 東京電力福島第1原発の処理水を海洋放出する政府の決定を受け、福島県は23日、風評対策と原発事故の風化防止を担う専門部署「風評・風化戦略室」を新設すると発表した。

 従来は総務部広報課が県外向け情報発信と、政府との調整の双方を担当。今後は国との連携をより強めるため、予算交渉の窓口となっている企画調整部企画調整課に新部署を28日に設置、職員4人を配置する。情報発信の機能は広報課に残る。

 内堀雅雄知事は19日の記者会見で「海洋放出が始まるまでの期間を含め、中長期を見据えた対策が必要だ。県庁内の司令塔機能や国との折衝機能のさらなる充実強化を図る」と表明していた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • イタリアの接種者、感染8割減 (5/18)

     【ローマ共同】イタリア国立衛生高等研究所は17日までに、新型コロナウイルスワクチンの接種を少なくとも1回受けた人の感染リスクが80%減ったとする調査結果を発表した。昨年12月下旬から今月上旬までに接...

  • ドイツ、6月に16歳以上接種へ (5/18)

     【ベルリン共同】ドイツのシュパーン保健相は17日、6月7日から新型コロナウイルスワクチンの接種対象を16歳以上に広げる方針だと明らかにした。各州当局者との会合後に語った。ドイツでは60歳以上の市民や...

  • 大規模接種センター、予約が殺到 (5/18)

     自衛隊が運営する新型コロナウイルスワクチン大規模接種センターの予約受け付けは、初日の17日から希望者が殺到した。大阪会場分は午後1時の開始から約25分間で用意した約2万5千件全てが埋まった。取れなか...

  • 拒絶反応起こさずがん攻撃 (5/18)

     人工多能性幹細胞(iPS細胞)に遺伝子改変を加え、細胞の提供者から見て他人に当たる患者に移植しても拒絶反応を起こさずにがんを攻撃できる免疫細胞を作製したと、京都大の金子新教授(免疫再生治療学)らのチ...

  • 国内で新たに3680人感染 (5/17)

     国内で17日、新たに3680人の新型コロナウイルス感染者が報告された。東京419人、大阪382人、北海道372人、愛知362人など。死者は兵庫33人、大阪23人、北海道10人など全国で122人だった...