ニュース

ジャンプW杯上位が五輪へ スキー連盟が派遣推薦基準

2021/4/23 23:29

 全日本スキー連盟は23日、2022年北京冬季五輪の派遣推薦基準などを発表し、ジャンプ男子は来年1月6日時点のワールドカップ(W杯)個人総合上位5人とした。女子は同17日時点のW杯個人総合上位を選び、ノルディック複合は同16日時点のW杯個人総合上位5人とした。

 21〜22年の五輪シーズンの強化指定選手は最上位のSランクにジャンプ男子の小林陵侑(土屋ホーム)、ジャンプ女子の高梨沙羅(クラレ)、ノルディック複合の渡部暁斗(北野建設)、フリースタイル男子モーグルの堀島行真(トヨタ自動車)、スノーボード男子ハーフパイプの戸塚優斗(ヨネックス)らが名を連ねた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

スポーツの最新記事
一覧

  • 大坂なおみ、日本初の年間最優秀 (5/7)

     世界で活躍したスポーツの個人、団体に贈られる「ローレウス・スポーツ賞」が6日に発表され、テニスの大坂なおみが年間最優秀女子選手賞に輝いた。男女を通じて最優秀選手賞は日本初の快挙。 大坂は2020年に...

  • フリー高橋侑が五輪枠獲得 (5/7)

     レスリングの東京五輪世界最終予選は6日、ソフィアで開幕して男子フリースタイルの6階級が行われ、日本勢は57キロ級で2017年世界選手権王者の高橋侑希(山梨学院大職)が7日の決勝に進出し、2位までの五...

  • 柔道五輪代表の新井が3位 (5/7)

     柔道のグランドスラム(GS)カザン大会第2日は6日、ロシアのカザンで男女計4階級が行われ、東京五輪代表で女子70キロ級の新井千鶴(三井住友海上)は3位決定戦でオランダ選手に一本勝ちした。準決勝でロシ...

  • 五輪中止署名、15万筆超 (5/7)

     元日弁連会長の宇都宮健児氏が、「東京五輪の開催中止を求める」とするオンライン署名を5日正午から始め、7日午前0時時点で15万筆を超えた。 署名サイト「Change.org」で実施。宇都宮氏は「新型コ...

  • 聖火、天守復旧の熊本城に (5/6)

     東京五輪の聖火リレーは6日午後も熊本県で続き、山鹿市では、昔ながらの風情を残す温泉施設などがある町並みを駆け抜けた。聖火は夜、2016年4月の熊本地震で被災し、天守閣の復旧が終わった熊本城に到着した...