ニュース

菅首相、人間ドック受診 就任以来初めて

2021/4/24 17:14
 菅義偉首相

 菅義偉首相

 菅義偉首相は24日、東京・代々木のJR東京総合病院で、就任以来初めて人間ドックを受けた。官邸筋は「定期健康診断だ。以前から年に1回この時期に受けている」と説明、首相の体調に問題はないとしている。大型連休は調整していたインドとフィリピンの訪問を取りやめ、新型コロナウイルス対策に注力する。

 この日は、午前9時から午後3時前まで病院に滞在。ドック後は衆院議員会館の自室で、吉田学新型コロナ感染症対策推進室長らから感染状況の報告を受けた。体調管理に気を配る首相は、官房長官時代から毎朝の散歩と100回の腹筋が日課で、定期的にフィットネスジムも訪れている。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

政治の最新記事
一覧

  • 大阪の接種会場、最大1日5千人 (5/9)

     政府は、新型コロナウイルスワクチン大規模接種センターの1日当たりの最大接種人数について、大阪会場は5千人とする方向で調整に入った。24日の開設当初は困難とされた東京会場での1万人の接種もめどが立った...

  • 入国者の出発前検査実態を把握 (5/9)

     政府は新型コロナウイルスの水際対策として全ての入国者に求めている出国前検査の実態把握に乗り出した。「陰性」と判定された検査証明書があるにもかかわらず、入国時の検疫で「陽性」と判明する事例が相次いでい...

  • 五輪日本選手団へ無償ワクチン (5/7)

     菅義偉首相は7日の記者会見で、東京五輪・パラリンピックで各国・地域の選手団に無償提供される米ファイザー社製の新型コロナウイルスワクチンに関し「日本の選手団にも接種する方向になるだろう」と述べた。一般...

  • 外相会合、国際秩序維持で一致 (5/7)

     茂木敏充外相は7日午前(日本時間同日午後)、ポーランドの首都ワルシャワで、東欧4カ国の外相との会合を開いた。東欧への影響力を拡大する中国をにらみ、法の支配に基づく自由で開かれた国際秩序の維持が重要だ...

  • 小池都知事「感染抑止を最優先」 (5/7)

     東京都の小池百合子知事は7日夜、新型コロナウイルス対応の緊急事態宣言が延長される今月12から31日の間も、千平方mを超える百貨店や大型商業施設などへの休業要請を独自に継続する方針を表明した。「徹底し...