ニュース

聖火、地上173mつり橋渡る 大分でのリレー2日目

2021/4/24 13:29

 東京五輪の聖火リレーは24日、大分県での2日目を迎えた。玖珠町を出発し、九重町では、歩道専用として地上から日本一の高さを誇る「九重“夢”大吊橋」を通過。時折強い風が吹く中、ランナーは沿道からの拍手と地元中学校の吹奏楽部による演奏に笑顔で応え、地上173メートルを渡りきった。

 渡り終えた谷川真奈美さん(56)は「感染が落ち着いたら、熊本県で暮らす母にトーチを持たせてあげたい」と話した。

 聖火は午後臼杵市で、約200年間継承される日本泳法「臼杵山内流」によって、川を渡って運ばれる。地元出身のタレント指原莉乃さん(28)も午後に登場する。


この記事の写真

  •  大分県九重町の「九重“夢”大吊橋」で行われた聖火リレーで前走者(左)とポーズをとる谷川真奈美さん=24日午前(代表撮影)

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

東京五輪の最新記事
一覧

  • 高橋昭五、五輪枠を逃す (5/9)

     レスリングの東京五輪世界最終予選は8日、ソフィアで行われ、男子グレコローマンスタイルで67キロ級の高橋昭五(神明精肉店)は3試合を勝って迎えた準決勝でウクライナ選手に敗れ、2位までの五輪出場枠を逃し...

  • 聖火、長崎の離島巡り佐世保へ (5/8)

     東京五輪の聖火リレーは8日午後、長崎県の五島市、対馬市と離島を巡った。九州本土へ戻り、プロ野球のダイエー(現ソフトバンク)などで活躍した地元出身の城島健司さん(44)が、佐世保市でゴールした。 城島...

  • IOCコーツ氏「五輪絶対開催」 (5/8)

     【シドニー共同】ロイター通信によると、国際オリンピック委員会(IOC)のコーツ調整委員長は8日、今夏の東京五輪について「絶対に開催される」との見通しを示した。菅義偉首相が先月、バイデン米大統領と会談...

  • ソフトの山田「準備変わらない」 (5/8)

     東京五輪に出場するソフトボール女子日本代表勢が8日、群馬県の高崎市ソフトボール場で五輪前の日本リーグ最終節となる第5節第2日に臨み、主将の山田恵里(デンソー)は新型コロナウイルス禍で海外勢と調整試合...

  • AS、乾・吉田組はTR92点台 (5/8)

     アーティスティックスイミング(AS)の日本選手権第2日は8日、大阪府門真市の東和薬品ラクタブドームで行われ、デュエット・テクニカルルーティン(TR)にオープン参加した東京五輪代表の乾友紀子(井村ク)...