ニュース

10万円給付金、7割が貯蓄に 家計簿アプリで23万人分析

2021/4/24 15:55
 高知市役所に設けられた特別定額給付金の特別窓口=2020年5月、高知市

 高知市役所に設けられた特別定額給付金の特別窓口=2020年5月、高知市

 新型コロナウイルス対応で政府が昨年支給した1人10万円の特別定額給付金について、少なくとも7割が貯蓄に回ったとする分析を日豪の研究チームが24日までにまとめた。低所得者層はそれ以外の層に比べて消費に回す額が多かったことも判明した。家計簿アプリ「マネーフォワード ME」の利用者23万人分のデータを事前の同意を得て調べた。

 決済履歴から確実に消費に回ったと判断できる分は1人当たり約6千円。現金自動預払機からの引き出し分を含めると約1万6千円、他人の口座への振り込みなども合わせると約2万7千円が使われた計算となった。残る7万円超は貯蓄に回ったとみられる。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

暮らし・話題の最新記事
一覧

  • 日本一遅い桜開花、稚内と釧路 (5/8)

     気象庁は8日、北海道稚内市と釧路市でエゾヤマザクラが開花したと発表した。気象庁の全国の桜観測地点で最も遅い開花確認。那覇市で1月4日にヒカンザクラが開花してから約4カ月で、桜前線は国内最北の標本木が...

  • 離島の子にも母の日の花を (5/8)

     花屋のない離島の子どもたちに、母の日に渡すためのカーネーションを贈ろうと、母の日を翌日に控えた8日、鹿児島市で花屋を営む田知行義久さん(73)から、鹿児島県三島村の竹島に花束が届けられた。「母親に感...

  • 「日本バレエの母」没後80年 (5/8)

     1917年のロシア革命から逃れ、日本に亡命したバレリーナ、エリアナ・パブロバが亡くなって今年で80年となり、横浜市中区の外国人墓地で8日、追悼行事が開かれた。戦前に日本初のバレエ学校を開き、多くの門...

  • 首里城復元資料が金沢で見つかる (5/8)

     1992年の首里城(那覇市)の復元事業で使われた彫刻の資料が、復元に携わった彫刻家(故人)の金沢の自宅で約30年ぶりに見つかった。作業当時の細かい注意点が記されており、2019年に焼失した城の再建に...

  • 木彫りわさお「そっくり」、青森 (5/8)

     不細工だけどかわいい「ブサカワ」で人気を集め、昨年6月に死んだ秋田犬「わさお」の銅像制作に向け、原型となる木彫りの像が完成し「そっくりだ」「また会えた」と話題になっている。看板犬を務めた青森県鰺ケ沢...