ニュース

福島の菜の花迷路に笑顔集まる 南相馬の津波被災地

2021/4/24 18:04
 東日本大震災の津波に襲われた地域に整備され、見頃を迎えた菜の花の迷路を楽しむ子どもたち=24日午後、福島県南相馬市

 東日本大震災の津波に襲われた地域に整備され、見頃を迎えた菜の花の迷路を楽しむ子どもたち=24日午後、福島県南相馬市

 東日本大震災で津波に襲われた福島県南相馬市で、地元のボランティア団体が植えた菜の花畑が見頃を迎えている。子どもら家族4人を亡くした団体代表の上野敬幸さん(48)が「笑顔が集まる場所にしたい」と菜の花の迷路を整備し続け、今年は五輪マークがモチーフ。24日にはゴールできた子どもにプレゼントを渡すイベントが始まった。

 一帯は2011年の震災で津波にのまれた。上野さんらはがれきを撤去して菜の花の種をまき、13年以降は仲間と手作業で迷路をつくってきた。東京ドームの2倍以上の広さ約11ヘクタールに咲く菜の花を見ようと、県内外から多くの人が訪れる。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

暮らし・話題の最新記事
一覧

  • 群馬、県立高で生理用品無償提供 (5/7)

     群馬県の山本一太知事は7日の記者会見で、金銭的な理由で生理用品を買えない「生理の貧困」の救済策として、県立高や県有施設などで生理用品を無償提供すると発表した。トイレットペーパーなどと同様に使えるよう...

  • 防護服で「母の日」祝う、大阪 (5/7)

     新型コロナウイルスの影響で、高齢者施設の多くが入所者と家族らの面会を制限している。大阪府池田市の特別養護老人ホーム「オレンジ池田」では母の日を前に、防護服を着用した家族が約1年ぶりに面会を果たした。...

  • 3月の給与増加、パート割合減で (5/7)

     厚生労働省が7日発表した3月の毎月勤労統計調査(速報、従業員5人以上の企業)によると、基本給や残業代を合わせた現金給与総額(名目賃金)は前年同月比0・2%増の28万2164円だった。13カ月ぶりの増...

  • ローカル鉄道の文字電子化 (5/7)

     静岡県西部を走る「天竜浜名湖鉄道」(天浜線)の駅名看板に残る手書き文字を、地元の学生らが「天浜線フォント」として電子化した。手書きならではの丸みや温かさが特徴で、指導した静岡大の杉山岳弘教授は「フォ...

  • 陸前高田市、新庁舎で業務開始 (5/6)

     東日本大震災の津波で庁舎が全壊し、職員111人が犠牲になった岩手県陸前高田市は6日、当時より約700メートル内陸に建設した新庁舎で業務を開始した。戸羽太市長は庁舎前で「長い長い10年だったが、全国の...