ニュース

台湾海峡有事の法運用を本格検討 政府、対中配慮で慎重判断

2021/4/24 19:02
 各事態と自衛隊の役割

 各事態と自衛隊の役割

 政府は、台湾海峡有事が発生した際の自衛隊活動に関わる法運用の本格的な検討に入った。菅義偉首相とバイデン米大統領による首脳会談で台湾情勢が主要議題となった。安全保障関連法に基づく「重要影響事態」や「存立危機事態」、日本が直接攻撃される「武力攻撃事態」に該当するそれぞれの状況や、自衛隊の役割を整理。必要な防衛力の強化を図る。実際の適用は中国に配慮し、慎重に判断する方針。複数の政府関係者が24日、明らかにした。

 台湾有事の自衛隊活動に関しては、米軍などへの後方支援を行う重要影響事態か、集団的自衛権の行使を認める存立危機事態に該当するかどうかの判断が焦点となる。


この記事の写真

  •  日本・沖縄、尖閣諸島、中国、台湾

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

政治の最新記事
一覧

  • 二階氏、1・5億円投入関与否定 (5/17)

     自民党の二階俊博幹事長は17日の記者会見で、2019年参院選広島選挙区を巡る買収事件で有罪が確定した河井案里元参院議員陣営に対する1億5千万円の党資金投入への関与を否定した。二階氏は当時も党務全般を...

  • 立民「維新はコバンザメ」 (5/17)

     立憲民主党の安住淳国対委員長は17日、入管難民法改正案を巡る自民党との修正協議が決裂した後、日本維新の会が立民案をベースに自民との協議を続けようとしているとして批判した。「コバンザメ政党と言われるか...

  • 酒提供継続33店に休業命令 (5/17)

     東京都は17日、新型コロナウイルス対応の緊急事態宣言に伴う休業要請を拒んで酒類の提供を続ける都内の飲食店33店舗に対し、改正特別措置法45条に基づく休業命令を出した。店名は公表していない。4月に発令...

  • 自民・三ツ矢氏、引退へ (5/17)

     自民党の三ツ矢憲生元外務副大臣(70)=衆院三重4区、当選6回=は、次期衆院選に立候補せず政界を引退する意向を固めた。共同通信の17日の取材に対し「体調が思わしくなく、引退を決断した」と述べた。 同...

  • 維新、改革プランの全容発表 (5/17)

     日本維新の会は17日、新たな目玉政策と位置付ける「日本大改革プラン」の全容を発表した。経済成長と格差解消を実現するとして、消費に対する課税より土地など財産に対する課税に比重を置く税制への転換や、生活...