ニュース

東電、核防護不備を青森県に陳謝 柏崎刈羽原発巡り幹部

2021/4/26 11:08
 青森県庁で柏木司副知事(左)に陳謝する東京電力の宗一誠常務執行役(右端)ら=26日午前

 青森県庁で柏木司副知事(左)に陳謝する東京電力の宗一誠常務執行役(右端)ら=26日午前

 東京電力柏崎刈羽原発(新潟県)の核物質防護不備について、東電の宗一誠常務執行役は26日、東通原発の建設地を抱える青森県に説明した。県庁で柏木司副知事に「皆さまに不安と不信を与え、深くおわびする」と陳謝。海洋放出が決まった福島第1原発の処理水に関しても「漁業者らに心配を掛けている。国の方針を踏まえてしっかりと対応する」と述べた。

 柏木氏は「原子力施設は安全確保が第一だ。責任感を持って取り組んでほしい」と応じた。

 柏崎刈羽原発では昨年3月以降、侵入検知設備が15カ所で故障し、代替措置も不十分だったことが、今年2月の原子力規制委員会の検査で判明した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • ファイザー、正式承認の申請開始 (5/8)

     【ワシントン共同】米製薬大手ファイザーは7日、新型コロナウイルスワクチンの16歳以上への使用を正式に承認するよう、米食品医薬品局(FDA)に対し申請の手続きを開始したと発表した。FDAは昨年12月、...

  • ワクチン特許放棄より輸出を (5/8)

     【ブリュッセル共同】欧州連合(EU)は7日、ポルトガルのポルトで非公式首脳会議を開き、新型コロナウイルスに絡む社会問題などを協議した。フォンデアライエン欧州委員長は米国がワクチン特許の一時放棄を支持...

  • WHO「日本の適切な対応確信」 (5/8)

     【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)で緊急事態対応を統括するライアン氏は7日の記者会見で、新型コロナウイルスの世界的大流行が続く中で東京五輪が開催される場合には、日本政府などによる感染防止に向け...

  • WHO、中国製ワクチンを承認 (5/8)

     【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)は7日、中国医薬集団(シノファーム)の新型コロナウイルスワクチンの緊急使用を承認した。欧米以外で開発されたワクチンをWHOが承認するのは初めて。今後、発展途上...

  • 奄美・沖縄、10日にも可否勧告 (5/7)

     政府が世界自然遺産に推薦している「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」(鹿児島、沖縄)について、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の諮問機関が10日にも登録の可否に関する勧告を出す見通しであるこ...